またまた昔の2012年の話になりますが、いろいろ思い出して現在リサブレアがオリジナルプリントのファブリックをつくろうと昇華転写の機械を導入しましたが、そもそも2012年のこのころから生地にオリジナルのプリントをしたいと思っていました。前回のショーハウスに続いて2回目のショーハウスのお話をします。大阪の入居者が少なかった古いビルで開催したものです。本町の商店街近くにあるのでオフィスビルとして入居者を募っていたようですが、古いためなかなか入居者がなかったところをIFDA JAPANがお借りして、数名のデザイナーが各部屋をリノベーションしました。テーマは”仕事を遊ぼう”です。2012年です。特に大変だったのが屋上にある倉庫のような仮設のスペースです。何人かでごみと砂と埃にまみれながら片付けました。とても懐かしい思い出なのと、このショーハウスで使用したウインドウトリートメントは生地にオリジナルプリントをしたものです。この時は業者に依頼しましたがこのころから生地にプリントをする機械をリサブレアでやろうと思っていたのかな。そしてフェイクの暖炉など楽しさ満載でした。

このお部屋をリノベーションしました。

このスペースが屋上の仮設スペースです。ここがどうなったかというと

Share

Category

Archive

Recent posts