[Report] Classic Doll コラージュ籠バッグ 1/27

Blog

待ちに待ったブロカントドールの籠バッグのワークショップ(リンクはコチラ)。私自身も今日初めてmalicoさんのコレクションの人形達を見るのでドキドキでしたが、とにかくカワイイ!
本日は3名のお客様が制作されましたが、みなさん大満足で帰られました。

籠バッグ自体の入荷が春頃ですので、次回ワークショップ開催は日程は未定ですが、ご予約は受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。(078-341-0520)
※ご予約の際、好きなドールをお選びください。(写真は本ページをスクロールダウンしてください)

さてさて、まずはブロカント・ドールのご紹介。ブロカントとは蚤の市の事だそうです。アンティークの様な格式高いものではなく「もっとカジュアルな」と言う意味だそうです。ちなみにmalicoさんは5年前からブロカント・ドールのバッグをつくっているそうですが、ここ最近注目される様になったと仰ってました。5年前は「何故バッグに人形を付けるの?」とみんな不思議がっていたそうです 笑

P1000160

こちらがドール単体。ファーをまとったこの子と、モヒカンな奥の子がセットです。

P1000185

写真が赤くなってしまいましたが、こちらがバッグになったドール達。撮影が下手すぎて悲しくなりますが、サイズ感がバッチリで素敵な仕上がりでした。

P1000179

こちらは小さめのドール2体セットです。白っぽくまとめておられますが、ロマンチック過ぎない(やり過ぎない)感じが素敵です。ファーの下に見えるチェックの生地はリサブレア残布。この生地がバッグの裏地として活用されてます。(それぞれのバッグに合わせて裏地が準備されます)

P1000180

写真左がイギリス?の民族衣装ドールのセット。こちらのバッグも素敵に仕上がってました。

P1000184

オートクチュールのビジューがキラリと光っており、その輝き方が大人な感じ。サイドのカード入れはお気に入りのグラフィックを入れて下さい!との事でした。細かい気遣いが嬉しいですね。

P1000163

こちらは制作風景。一番最初に一番大変な作業をします 笑
籠バッグの背面部分のポケットをざっくりステッチで縫っていきます。みなさま集中してました。

P1000165

こちらは少し小ぶりなお人形。女子の靴下に注目!作り手の愛が伝わって来ますね。
2体セット→¥41,000

P1000166

このドールは春夏のバッグに良さそうですね。スカートの広がり、男子の衣装が気になります!どこの国なんでしょう?
2体セット→¥41,000

P1000168

こちらのドールは、リボンの刺繍に注目ですね。頭巾のレースも細やかです。姉妹でしょうか?どんな人がこの人形で遊んでいたんでしょう?今頃日本に上陸していると知ったら持ち主も驚くでしょうね。
2体セット→¥41,000(バッグにした時に価格)

P1000170

こちらはビスくドール。肌の部分がセラミックでできています。独特の透明感は、バッグにした時に効果を発揮するでしょうね。
1体→¥43,000(バッグにした時に価格)

P1000171

カントリー調活発女子。個人的にこのドールは大好きです。今にも動き出しそうな感じですよね。
1体→¥38,000(バッグにした時に価格)

P1000172

水兵男子。キューピーちゃんみたいでカワイイ。
1体→¥38,000(バッグにした時に価格)

P1000173

小さいながらも凄い存在感です。スカートの裾から覗いている靴がキュートです。
1体→¥38,000(バッグにした時に価格)

P1000175

1体→¥38,000(バッグにした時に価格)

P1000176

1体→¥38,000(バッグにした時に価格)

P1000177

1体→¥38,000(バッグにした時に価格)

P1000178

1体→¥38,000(バッグにした時に価格)

ざっとご紹介させて頂きましたが、次回の開催は籠バッグ入荷次第ですので春頃を予定しております。ご興味のある方は日程が決まり次第、ご連絡差し上げますのでお気軽にお問い合わせください(078-341-0520)。春夏バッグは、ファーの部分が違う生地に変わりますので、それもまた楽しみですね!

 

Share

Category

Archive

Recent posts