Risabraire
Style

リサブレアは長年ホテルなどの商業物件および住宅のインテリアデザイン、インテリアコーディネート、ウインドウトリートメントデザイン・縫製・施工サービスをさせていただき、欧米のデザインを日本のインテリアに融合させ、その色使いには東洋的なスピリットがあると評価をいただいております。最近ではモダンとトラディショナルまたは和風をうまくミックスするリサブレア・スタイルとカラー使いが、そのインテリアスタイルに多様性をもたらすようになりました。

Chinoiserie シノワズリ

ヨーロッパで流行した中国趣味の美術様式「シノワズリ」リサブレアでは、そんなシノワズリの壁紙や生地を生み出す試みに挑戦しています。

Works

ニュアンスブルーの輝く空間

鉱物のように絶妙なニュアンスカラー
クロスもカーテンも光を受けて響き合います
ざっくり編みのレースは、近くで見ても繊細な色合い
Beforeはシンプルにまとめていらっしゃいました
サンプル帳をお持ちして検討
余ったクロスを階段入り口の一面に♪
廊下やリビングは、ライトグレーでシックに
お手洗いは、エレガントな菊模様で和モダン

和モダンがお好みのT様邸。戸建てのお宅全体、クロス改装をさせていただきました。

 

中でも寝室が印象的な空間に!アクセントクロスとカーテンを合わせてご提案しました。

どちらも深みのあるブルー系グラデーション。個性的なアイテム同士がベストマッチしました!

先にカーテンの生地をお気に召していただき、和モダンなクロスを…と探していたところ、意外にも海外クロス(イギリスのブランドです)がピッタリで感嘆しました…!

光と色が響き合う神秘的な空間に。シノワズリ調のランプとも相性バッチリです。

 

クロスは鉱物のようなツヤ感のある絶妙なカラー。元々は縦模様ですが、横貼りで使いました。横ラインによって空間が広がって感じられます。

レースは閉め切って透かし、色を全面に見せるのがオススメ。腰窓にあえて床まで垂らすことでゆったりと、優雅な印象にしています。

 

余ったクロスは階段入り口のアクセントに使いました♪

輸入クロスは特に余裕を見て発注するため、どうしても余りが出ることが多いです。最大限、有効活用!現場でお客様にご提案させていただきました。

 

廊下やリビングルームは、ライトグレーのクロスでシックに。こちらも元々縦模様のクロスを横貼りし、和風の印象が出ました。

シンプルなクロスも貼り方によって、ひと捻り新鮮な雰囲気になります。

 

お手洗いはアンティークテキスタイルの菊模様でエレガントに。

 

新しい和洋折衷を発見できた施工でした!

 

クライアント名
T様邸
施行月
2019年7月
PON-435

壁紙とカーテンをトータルコーディネート

3種類の壁紙を貼り分けています
カーテンは腰窓にはシェード、掃き出し窓にはドレープ
キッチン収納、カーテンと同じ生地で天井から
キッチン収納の内部、とても美しい!
トイレは遊びのあるイギリスの輸入壁紙をアクセントに
DIYで塗装し直したキャビネット!

O様がお住まいなのは築20年ほどのマンション。20年経ちご自宅のイメージを一新したい!とのことで、弊社にご相談がありました。壁紙やカーテン、そしてキッチン収納と床をプチリフォーム。

真っ白な壁紙ではなく、大きなパターンの壁紙と少し色味の入っている壁紙をミックスし、全体をコーディネートさせて頂きました。カーテンは弊社でも人気のストライプ柄。リネンが入っているので、軽く柔らかな印象をお部屋に与えてくれます。

キッチンの収納扉もカーテンにすることで、冷たくなりがちなキッチンスペースを温かみが出ます。ご自身で工夫されたキッチン収納内部もとても参考になります。

長年愛用されているパイン材のキャビネットの色が気に入らず、ご自身で塗装されたそうです。ご自身で手を加え少しずつ変化していくインテリア。暮らしのプロフェッショナルですね!

クライアント名
O様邸
施行月
2018年12月
PON-285

リビングのデッドスペースを活かすパーティション

リサブレアオリジナルのベルベット
リサブレアオリジナルのベルベット

T様のリビングルームに制作したパーティション。リビングルームのTVボードの両面にレイアウトされるそうです。
部屋の角はどうしても手が行き届かず、お部屋のデッドスペースになっていることが多いのですが、そんな時に役立つ生地のパーティション。

ウラオモテの生地を変えることができるので、コーディネートや気分に合わせて楽しんで頂けます。
オモテはピンクのベルベット(リサブレアオリジナル)で、中綿をフレーム状に鋲を打ち付けることで、ベルベット独特の生地の陰影を出しています。ウラはClarke & Clarkeのジオメトリックな柄。

オーダーはもちろんのこと、レッスンにてご自分での制作も可能です!

クライアント名
T様邸
施行月
2018年5月
サイズ
W450 H1700mm x 2枚:2セット
PON-356

テーマは夏!見ているだけで涼しくなるクッション

maison de Richness のリサさんからオーダー頂いたクッションたち。夏のテーブルコーディネートのレッスンに合わせたブルーの45cm角のプレーンクッション。生地はこの季節にぴったりなClarke & Clarkeのリネン&コットンの生地。これから京都御所近くのご自宅でレッスンをスタートされるリサさんの今後の展開がとても楽しみです。

インテリアは、イエローXブラックのモダンな印象。そこに同じくイエローのレース生地でつくったクッションと、ブルーが加わることにより、レイヤーを重ねた深みのあるソファ廻りとなりました。

色や柄を重ねることにより、インテリアに奥行きが出てきます。柄や色を混ぜて合わせる着物のコーディネートに似ているのかなと感じたり….

インスタグラム→@maisonderichess

クライアント名
K様邸
施行月
2019年6月
サイズ
45cm角 ファスナー仕上げ
PON-424

北欧調の木の温もり+エレガントさを!

弊社の施工例を見て「こういうカーテンが欲しい!」とお問い合わせ頂いたA様。新築マンションにお引越しされるとのことで、新たにカーテン、クッションカバー、壁紙シールをオーダー頂きました。

当初考えられていたカーテン生地ではなく、弊社オリジナルのストライプの生地を選ばれました。
クッションはClarke & Clarkeのラメ感のある生地。北欧調の木の温もりのあるお家にエレガント感をプラスした感じの仕上がり。そして、アクセントとなっているのが、窓面左側の壁紙シール。弊社のコレクションからお選び頂いたオールドVOGUEです!
太陽の光が優しく差し込むとても素敵なリビングルームとなりました。

クライアント名
A様邸
施行月
2019年5月
サイズ
カーテン:W2140 H1820mm/ クッション:W71 H28cm/ 45cm角
PON-361

年代物アンティークのピアノスツールの貼替え

お客様が大切に使っているピアノスツール。バネが飛びててしまっていて生地もボロボロになっていました。困っているけど、どこに頼んでいいのか分からない… と言う方は多いかと思います。年代物のスツールだからこそ醸し出す存在感。クラッシックな生地を敢えて選ばずポップなツイード生地を貼ることで、その存在感を活かしながらも古臭さを消し、現代の暮らしに合わせていきます。生地は弊社オリジナルのツイード生地(色展開は10色)、2重鋲で仕上げております。

クライアント名
C様邸
施行月
2019年4月
サイズ
直径約50cm
PON-360

モールディングで様変わり?!

ダイニングは奥様のアートを飾る棚を制作。全てモールディング
ダイニングは奥様のアートを飾る棚を制作。全てモールディング
キッチンはアクセントとして、チラ見せのトワルドジュイの壁紙
リビング。左の扉はリフォーム前は和室があり、現在は旦那様の作業部屋。
洗面所はトワルドジュイの壁紙
トイレは腰壁上をトワルドジュイの壁紙、腰壁はモールディングと塗装
トイレは腰壁上をトワルドジュイに、腰壁はモールディングと塗装
廊下も全てモールディング
お嬢様のお部屋は壁紙とカーテン

「ちょっと気になって…」と初めてご来店されたF様。築25年程のマンションにお住まいで、水廻りを中心にリフォームを考えてらっしゃるとの事。地元の工務店に「モールディングやメダリオンを入れたい!と伝えても、イマイチ伝わらない….」と言うお悩みを抱えていらっしゃいました。そして弊社のパートナーの工務店さんと一緒に、水廻りを中心に、お部屋の壁紙や床材のリフォームをさせて頂きました。マンション特有の間取りとなるリビングに続く和室は壁を一旦壊して、リビングスペースを広く、そして廊下側に収納をつくりました。

工期は約2ヶ月。25年住み続けたマンションのお部屋は沢山のモノで溢れ返っておりましたが(笑)、リフォームを機にモノを整理され、奥様の大好きなフラワーアレンジメントなどのデコレーショングッズを飾れるスペースをリビングにつくりました。キッチン、お手洗い、洗面所にも奥様のお気に入りのトワルドジュイ柄の壁紙とモールディング。写真には映ってないですが、廊下に新しくつくった収納棚の壁紙は、リサブレア オリジナルのデコな壁紙。とことん拘り抜いたとっても素敵なお家が完成しました!F様、ありがとうございました。

クライアント名
F様邸
施行月
2018年12月
サイズ
リビングカーテン:W5300 H2100mm お嬢様のお部屋カーテン:W800 H2200mm
PON-42

ナチュラル感とキラキラ感をミックス

フラワーアレンジメントの先生をしていらっしゃるK様。ご本人もお家のインテリアの様に優しさと上品さを兼ね備えた女性。
そんなK様が選ばれたのは、ナチュラルな麻生地はBusatti(イタリア)の生地、ラメ感のあるソファの生地はClarke & Clarke(イギリス)、カーテンはリサブレアのオリジナルの麻生地。

生地感を揃えるのではなく、あえて異素材を組み合わせることにより、それぞれの素材の良さを引き出していきます。
大きな壁面を飾るのは、ご自身のつくったアレンジメントを飾るアンティークフレームと、壁紙シールで制作した柱たち。自分の好きなものに囲まれたインテリアを楽しむことは、生活そのものを豊かにする… そんなことをお客様から教えて頂きました。

クライアント名
K様邸
施行月
2019年4月
サイズ
ギャザーカーテン、ソファカバー、アンティークフレーム、テーブルクロス
PON-251

Lesson レッスン

リサブレアではソフトファニシングのレッスンを行っております。