Risabraire
Style

リサブレアは長年ホテルなどの商業物件および住宅のインテリアデザイン、インテリアコーディネート、ウインドウトリートメントデザイン・縫製・施工サービスをさせていただき、欧米のデザインを日本のインテリアに融合させ、その色使いには東洋的なスピリットがあると評価をいただいております。最近ではモダンとトラディショナルまたは和風をうまくミックスするリサブレア・スタイルとカラー使いが、そのインテリアスタイルに多様性をもたらすようになりました。

Chinoiserie シノワズリ

ヨーロッパで流行した中国趣味の美術様式「シノワズリ」リサブレアでは、そんなシノワズリの壁紙や生地を生み出す試みに挑戦しています。

Works

ピンクのグラデーションがリンクするバレエショップ

シンプルな店内にピンクのアクセントが効いています
照明をメインとしスツールがリズミカルに!
近づくとチュチュの質感が伝わりますか?
フラワーを合わせることによりボリューム感が出て見応えたっぷり
スツールのご提案資料(最終系は異なります)
3種のピンク生地。ベース部分の鋲デザインにも注目
ベルベットの生地は光と影で見え方が異なります
試着室もマットな大人ピンクの生地

大阪を拠点にするバレエスタジオ&ショップのシェリ様。レオタードやシューズをセレクトショップの南青山店の内装を納品させて頂きました。
代表である春田琴江さんのご自宅の椅子やスツールの貼り替えをさせて頂いたのは数年前。
ゲストがとても喜んでくれるとの事で、お店も同じくバレリーナ・バレリーノの方々が目を輝かすようなオリジナリティ溢れる内装をご希望されていました。

シェリバレエショップはピンクでいきます!というご希望がございました。最初に取り掛かったのは丸い大きなスツールたち。3色4種類のピンク系のベルベット生地を使い、サイズも3種類で合計5個のスツールを制作。店内に置かれる家具はスツールとレ ジ台含む什器のみでした。サイズや色の違うスツールを置き、店内にリズム感を与えてきました。そして、店舗の顔となる様な大きな照明。春田さんがずっと探していましたが中々見付からず「リサブレアさんで照明もつくれますか?」から始まり、1直径1.5Mの照明をデザイン→制作させて頂きました。構造から取り付けまでの工程は大変でしたが(笑)

アーティフィシャルフラワーとバレエ衣装で使われるチュチュを組み合わせた、まるでドレスの様な照明。
それらとリンクするような様々な質感のピンク生地たち。同じ色を使うと統一感が出すぎ、ピンクを使いすぎるとフェミニンな印象に寄りすぎる…
全体のバランスを考え空間をデザインさせて頂きました。

春田様、シェリの皆様、ありがとうございました!

シェリ南青山店
〒107-0062 東京都港区南青山3-14-10 シプレ南青山3F・営業時間 11:30〜19:00(定休日 水・日)※完全予約制
Instagram @cherie_minamiaoyama

クライアント名
シェリ南青山店
施行月
2022年7月
PON-1396

主役はダマスクのレースカーテン!3種の生地が織りなす美しさ

時間により変化を楽しめる主役級レース生地の魅力
ダマスクのレースカーテン+フラットバランス+白無地カーテン
こちらがビフォア。以前はバーチカルブラインドですっきりと!窓上から天井までの空間に注目
こちらはダイニングルームの様子
レースカーテンを束ねた時も美しい
ダイニングルームのビフォア写真
3種類の生地が組み合わさった様子
厚地の白いカーテンを閉めるとダマスク柄が浮かび上がります
天井部分はこのような感じ
ダマスクはカラーレースですが太陽光が入ると透明感が非常に美しい

別のカーテン屋さんに相談されたのですが提案が気に入らず、弊社にお問合せ頂いたT様。
ご主人のセンスでセレクトされたスタイリッシュでモダンな家具。そして奥様はダマスク系がお好みとの事でした。

天井高が2.8Mあるタワーマンションの一室。天井が高く窓の上部から天井まで約50cmほどの壁面が見えていました。その部分が間延びしないようフラットバランスをご提案させて頂きました。
ダマスク柄レースカーテン+光沢のある白無地の厚地カーテン+テクスチャ感のあるシルバーのフラットバランスお部屋がとても広く窓も大きいので、旦那様がセレクトされたモダンな家具とのバランスを考え、ぼやっとした印象にならないように生地選びを進めていきました。

3種の生地が織りなす美しいドレープ感を意識しながらデザインをご提案しております。
ダマスクのレースは透明感があり、黒のカラーレースですが太陽の光が入ると外の景色と一体化し、ダマスク柄が浮き上がり何とも言えない美しさが特徴です。
白無地カーテンを閉めてもダマスク柄が幻想的に見えてくるのもポイント!
ワンちゃんがおり、繊細なレースの引っ掻きが心配なので、通常はレースを束ねるような仕上げにしております。
その際、美しいドレープ感のある生地のカーブラインを見せるため、白いシャンタン生地をバンディング加工しております。
T様、この度は弊社にご依頼頂き誠にありがとうございました。素晴らしい景観のお家での生活がより豊かになりますように…
クライアント名
T様邸
施行月
2022年5月
PON-1310

カーテンリメイクでベッドルームが大変身!

窓にあったカーテンの一部はベッドヘッドに!
ベッドルームに必要のなかった小窓はベッドヘッドで隠しました
ボタニカル柄のラグと壁面アートで統一感を
新しくつくったレースカーテンはマスタードイエロー
右側のブラケットに被せるように配置したフレーム
ベッドリネンも実はボタニカル柄
今回隠してしまった小窓
ずっとお使いだったパープルのカーテンをそのままリメイク

リビングダイニングの家具や鏡などをお任せ頂いたN様より「ベッドルームが気に入っていないのだがどうしたらいいか分からない!」というご相談から始まりました。
このお部屋の1番のお困りポイントは、微妙な位置にあった小窓でした。
そこで空間を綺麗に見せるため、思い切って小窓を完全に隠す&ベッド位置を変えてベッドヘッド風に見せるタペストリーを作りました。

実は、使っているパープルの生地はすべて元々このお部屋にかかっていたドレープカーテンでした。ほとんど閉めないとのことでしたので、両端だけの飾りカーテンに作り替え、大胆カット。切った生地をベッドヘッド、クッション、ベッドカバーのパイピングへと余すことなく使い、パープルでお部屋全体を統一しました、

カーテンはレースを黄土色のリネンライクな生地でお作りし、合わせてドレープにもイエローのバンディングでアクセントに。ベッドカバー&クッションはイタリア・Busatti(ブサッティ )の綿麻生地でお作りし、ラグはスイスのフィスバ(クリスチャン・フィッシュバッハ)のパープル・イエローの入ったボタニカル柄を入れることで全体がナチュラルな温かみに包まれるお部屋になりました。

N様、ありがとうございました!

クライアント名
N様邸
施行月
2022年1月
PON-1270

お部屋の雰囲気を一変させる椅子カバー

H様より頂いたお写真。家具のレイアウト替えもされたようです!
H様より頂いたお写真。
H様より頂いたお写真。
角はボックス仕上げにしてエレガントさを強調
パイピングは全ての箇所に入れています
中材フォームを入れて全体をふっくらとさせます
こちらが椅子カバーをつくる前の椅子

H様からご連絡があったのは今から1年ほど前だったかと思います。「お部屋の雰囲気を変えたいけど何をすれば良いのか分からない….」
ダイニングで使っている椅子は殆どが木材でできた少しカントリー調のお椅子でした。(スライド最後に写真があります)
この椅子の雰囲気にインテリア全体が引っ張られていました。

その椅子を完全に覆ってしまうカバーをつくりたいとの事でした。今までカバーは数多くつくってきましたが、元々のカバーをつくり変えたり、座面のみのタイプでした。生地はベルベット、1段階濃い色の生地で太めのパイピングを付けております。

お持ちの椅子に中材フォームを貼って、そのフォームに添わすように制作した椅子カバー。関東の方なので1台のみ椅子を送って頂き、残りの3台分の材料をお送りし、H様との共同作業により完成した椅子カバー(拍手)

エレガントな雰囲気に生まれ変わった椅子はお部屋のインテリアまで変わる重要なアイテムとなりました。
「家での生活が豊かになった!」と喜んで頂き、私たちも嬉しい限りでございます。
ありがとうございました!

クライアント名
H様
施行月
2020年12月
PON-1035

オリジナルプリントの生地で椅子貼り

空間をつくりあげる多様な椅子貼り
シノワズリ生地で貼り替えた椅子
鳥がバッチリ収まるように調整
こちらは人気のサンゴバージョン
こちらはフェイスバージョン
アンティークチェアは後ろ姿も美人です
アンティークチェアは後ろ姿も美人です
こちらは貼り替え前のアンティークチェア

お持ちのアンティークチェアの貼り替えのご依頼をS様より頂きました。
お部屋の全体のインテリアコーディネートもさせて頂いていたので、お任せコースでございました 笑
弊社のオリジナルプリントの生地をオーダー制作しております。ご来店されたお客様が、店舗に置いてある完成した椅子たちを見て「この椅子売り物ですか?欲しいです!」と仰った程、椅子の雰囲気と生地とのバランスにより独特の存在感を放っていました。

フランスへの留学経験があるS様は、古い家具を大切に使いたいというお気持ちがあり、更に10年20年とご自宅で愛用して頂ける事かと思います。

S様、ありがとうございましたt!

クライアント名
S様邸
施行月
2020年1月

表情豊かな生地で貼り替えた20年来のお椅子

昔の椅子は丸っこくて可愛いですね
グリーンのダブルパイピングが効いています
何色もの糸が織り込まれたツイード生地
うねうねする様子はまるで水面のよう
ビフォアはザ・クラシックなお椅子
座面はボロボロになっていました

T様からご依頼頂いた椅子の貼り替えのご紹介です。とても素敵なクラシックなお部屋にお住まいのT様。
座面がボロボロになってきた事をきっかけに、クラシックなお部屋の雰囲気を少しずつ変えていきたいとのご相談を受けました。椅子自体は少し小ぶりのアンティーク調のお椅子でコロッとしたフォルムがとっても可愛い!

そこで大活躍してくれたのがイギリス・Osbone & Little(オズボーンアンドリトル)の何色もの糸が織り込まれたツイード生地は柔らかく表情豊かな印象です。お部屋にあるクラシックテイストとも相性がよく、少しモダンな方向性に持っていくこともできる事からこちらを選びました。パイピング生地を色々と合わせてみましたが、このグリーンをダブルパイピングにすることで美しくまとまりました!

大切に使われてきた椅子がこの先何十年と活躍してくれることを願います。
T様、ありがとうございました!コロナが落ち着いたらまたお店に遊びに来て下さいね。

クライアント名
T様邸
施行月
2020年8月
PON-1145

2種類の生地を使った・アンティークチェアの椅子貼り替え

光に当たり美しい光沢を放つベルベット
正面はユニコーンがメインになったデザイン
こちらはお客様が持ち込んで来られた時のお写真
後ろは獅子がメインになったデザイン
アンティークチェアは側面も美しいですね
生地詳細
生地詳細
ダブルパイピングを施してます
コットンリネンのプリント生地

O様からご依頼頂いたラウンジチェアの椅子貼り替えのご紹介です。
アンティークショップで椅子をご購入されたが生地を変えたい!とのご相談がございました。どうせ貼り替えるなら無地ではなく柄物を取り入れたいとの事で、弊社で色んな生地サンプルをご覧頂きました。

弊社のショールームで同じ生地で貼った椅子を気に入って頂き、生地が決まりました。
全面同じ生地で貼るのも良いのですが、今回は座面・背面を貼り分けし、座面には深い赤色を表現できる弊社オリジナルのベルベットをセレクトして頂きました。同じ生地でダブルパイピングを施しております。

とにかくビフォアアフターの変化が驚きのこちらのお椅子は、弊社での作業中にご来店されるお客様が見ると
「素敵〜!」と大人気でした。

O様、ありがとうございました。

使用生地
背面生地→Clarke and Clarke(クラークアンドクラーク) CASPIAN(カスピアン)
座面生地→弊社オリジナルベルベット

クライアント名
O様邸
施行月
2021年9月
PON-1178

南青山の街に溶け込むフラワーショップ「gigi fleuriste」

バックオフィスの仕切りカーテンがショップのアクセントになってます
アンティークチェア&サイドテーブル。おしゃれなマダムが腰掛ける様子を想像してしまいます
グレーパープルが美しいダマスク柄のカーテン
こちらがファサードのシェードカーテン
ストライプの生地は店内カーテンとお揃いの質感
店内側からは裏が見えないように幕を取り付けましいた
もちろん主役は店内に並ぶお花達

2021年の2月に南青山のヨックモックミュージアムの近くにオープンされたフラワーショップ「gigi」様。
そこでつくられるフラワーアレンジメントは繊細で洗練されたジュエリーのようです。

お客様からのご紹介で初めてご連絡があったのは数ヶ月前でした。コロナ禍にて私たちもオンラインツールを使えるようになったことも手伝い、オンラインのお打合せとサンプルご送付を重ねながらカーテンを制作させて頂きました。

南青山の街に溶け込むようにとファサードのシェードカーテンには特に拘られたオーナーご夫妻。シェードはグレーパープルのベルベット生地、そして店内のバックオフィスとの仕切りにはお揃いのダマスクの生地を選んで頂きました。ショップの顔となるファサードにシェードにはピンク系のタッセルブレードを付けてフェミニンな印象に仕上げています。またシェードは外側を表にしているので、室内側には幕を付けて裏側が見えないような工夫も!(プロでないと気付かないかもしれませんが 笑)

オンラインでの打合せで生地を見て頂き、そこからはサンプルを送って実物を確認作業を数回繰り返すプロセスを踏み完成に至ったカーテン達。アンティークチェアとサイドテーブルも弊社にて揃えて頂き、なんだかパリの路地裏に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

gigi fleuriste様、私たちをお選び頂きありがとうございました!

gigi fleuriste
東京都港区南青山6丁目15-13南青山レジデンス102 TEL. 03-6712-5428
営業時間: 11時〜17時・定休日: 月火曜日
インスタグラム→@gigifleuriste

クライアント名
gigi fleuriste
施行月
2021年月
PON-960
リサブレア オンラインショップはこちらから