Works

真っ白なインテリアからの卒業

美しい「青」
施工前は真っ白な空間でした
リビングの大きな壁面はAnthologyのアクセントクロス(本文にリンクあり)
ダイニングの照明は弓形シャンデリア
元々お持ちのクッションも素敵!
大きな窓のアクセントとなるベルベットカーテン
ダイニングには紺色のアクセントクロスを
天井→壁→毛並み模様のクロス
こちらもゴールドが効いています
廊下はカーペット、リビングはフローリング、斜めに切り返した床
ベルベットは美しい
Blue Moonという色名
ビーズ加工がしてあるクロスは光を綺麗に拾う
ビーズ加工がしてあるクロスは光を綺麗に拾う
毛並みデザインのクロスは空間にリズム感を与える
玄関から廊下、そしてリビングへ
フローリングとカーペットの切り返し

3年程前にご自宅のフラワーアレンジメント・アトリエのリフォームデザインをさせて頂いたN様。今回はリビングルームのリフォームのご相談でいらっしゃいました。

日本の西海岸(笑)であり、明石海峡大橋から瀬戸内海、徳島まで見える素晴らしい眺望のマンション。太陽の光がキラキラしていて「青」の似合うリビングルーム。築25年程のマンションでは水周りや空調の不具合からリフォームされる方が多いのですが、N様もそれがきっかけになったそうです。マンション専属の工務店さんによる施工だったので、私たちはデザインのみ担当させて頂きました。

今までは全てアイボリーの壁紙でした。今回お選び頂いたのは、Anthology(英国)のもので、ビース加工がされており唯一無二のデザインが特徴です。この壁紙を気に入って頂き、ダイニングには紺色のアクセントを混ぜ、掘り上げ天井にはグレーの壁紙を使ったので、合計4種類で貼り分けました。

今まではベージュのカーペットだった床は、今回はフローリングに変え、一部ロールカーペットを使った床材の切り返し。フローリングとカーペットの見切り材とは真鍮を使ったので、ウォルナットのフローリングとの対比がとても美しく仕上がりました。

最後は美しいベルベットのカーテン。オランダのKOBEの生地で、色名は「Blue Moon」。その名の通り、何とも言えない存在感でリビングに重厚感を与えています。

N様、インテリアを心から楽しんでおられる姿で温かく迎えて頂き、仕事へのやり甲斐を感じる日々でした。
本当にありがとうございました!

◯フラワーアレンジメントのサロン:インスタグラム→@atelier.avenir
◯N様施行中のブログ→コチラ

クライアント名
N様邸
施行月
2019年12月
PON-554

お家に温もりを与えるファブリックのマジック

出窓のレースカーテン
アクセントとなるクッション
レースカーテンはリボンで上から結びます
リビングルーム全体
ドレープカーテンとレースの質感
ドレープカーテン詳細
クッションは2種類のサイズ
裏面も2種類の生地
もちろんパイピングにも拘ります
クッション詳細

インテリアコーディネーターのカトリーヌ様と一緒にご来店されたでし様。小さなお子さまがいらっしゃるママさんです。現在お住まいのマンション内でお引越しされるとの事で、リビングの壁面は拘りの色で塗装されたそうです。塗装の微妙な色味に合わせたカーテンをお探しでした。

掃き出し窓のドレープカーテンは、弊社のオリジナルで今一番人気のあるヘリンボーンの生地。トロリとした質感が他にはなくエレガント。レースカーテンは、オランダ・KOBE社のPaviaという生地。ふんわりとしたシフォンの様な空気を含んだレース生地。リビングの出窓は、擦りガラスなのでレース生地のみでご提案させて頂きました。

お二人ともファブリックの持つ力を信じ「インテリアデザインの最後のプレゼント」と言って頂き、とても楽しそうに生地選びをされていました。そして、アクセントとなるクッションは、イギリス・Jane Churchill社の鮮やかな生地に2種類の異なる生地のパイピングを施しております。

◯インテリアコーディネート
Color Atelier Catherine様→ホームページ/ インスタグラム @catherine_yoko

クライアント名
K様邸
施行月
2019年11月
サイズ
2窓
PON-564

グリーンが映えるインテリア

太陽の光がさんさんと入るリビングルーム
イタリア Busatti社の生地でつくったクッション
同じく色違いのクッション
窓辺に置いて頂いているテーブルランプ(リサブレア)が馴染んでいます
シノワズリのアートパネル
グリーンが沢山置いてあるサンルームが素敵!
ダイニングのテーブルクロスはリサブレアにて制作

芦屋のフラワーアレンジメントをされているシーズウィッシュ代表である岸本様のご自宅リビングルームのカーテン、クッション、テーブルクロス等を納品させて頂きました。
ご自身がフラワーデザイナーなので、ご自宅のサンルームにもグリーンが沢山飾っておられます。

岸本さんご自身の様に、華やか且つナチュラル感のあるカーテンは、オランダKOBE社のPaviaと呼ばれる生地。透け感がレースとドレープの中間で、生地全体にラメ加工が入っています。素材自体は非常に柔らかくボリュームがあります。

オーダークッションとして制作させて頂いたのが、イタリア Busatti社のリネン/コットン生地。手触りはもちろんの事、素朴且つエレガントなデザインが魅力的です。

ナチュラル感だけではなく、大人な女性の艶やかさのあるインテリア。柔らかい色目のクッションやシノワズリパネルが、全体を繋げる効果を出しています。

シーズウィッシュ
HP→コチラ Instagram→@shinonn
〒6590086 芦屋市三条町 ※ご予約制となります。 TEL. 0797-91-2008
●シーズウィッシュ様の施工のストリーブログ→コチラ
●シーズウィッシュ様アトリエの施工例→コチラ

クライアント名
岸本様邸
施行月
2018年4月
PON-64

壁紙で変わる?!個室空間

[After]洗面室
[After]洗面室
[Before]洗面室
[After]トイレ
[After]トイレ
[After]トイレ
[After]トイレ
[After]トイレ
[Before]トイレ
[和室]襖の壁紙、プリーツスクリーン、シノワズリ・アートパネル
[和室]シノワズリ・アートパネル

20年前にカーテンを施工させて頂いたY様、少し前にカーテンのメンテナンスに入らせて頂きました。
そして、今回は洗面所、トイレ2箇所の壁紙プチリフォームです。当時も輸入クロスをお選び頂いていたのですが、今回も前回と同じフラワーデザインですがモダンなデザインをお選び頂きました。
今回使用した輸入クロス:●EIFFINGER  ●DESIGNERS GUILD

輸入住宅ならではの、建具や造作家具のあるお家なので、とにかく輸入クロスが映えますね。
壁紙を変えると気分も一転!特に洗面所やトイレは個室ですので、リビングには使いにくい様な大胆なデザインを取り入れて頂けます。

和室の襖の壁紙、窓にはカーテンではなく「プリーツスクリーン」という不織布製のブラインドをご提案。柔らかい光の入り方が特徴です。
床の間にシノワズリ・アートパネルを飾って頂く事で、和洋折衷の美しい空間が完成致しました。

担当者のブログはコチラ

 

クライアント名
Y様邸
施行月
2019年9月
PON-464

光が美しく透過するファブリックのレイヤー

こちらの生地は二重レース
左がマッサージ、右がよもぎ蒸しスペース
南面の窓のウッドブラインドを通して入る柔らかい光
生地のレイヤーが堪らなく美しい
よもぎ蒸しスペース。間仕切りは全て開閉式
プライベート空間がしっかり保たれてます
生地感が伝わりますでしょうか?
ロッドポケットで仕上げたカーテンがカワイイ

新しい場所に移転されリニューアルオープンされる、よもぎ蒸しやアロママッサージサロン maison de M(メゾン・ド・エム)様。移転前のサロンのカーテンを制作させて頂いたのが昨年のお話。今回の新しいサロンでは、以前のカーテン生地をリメイクしてお部屋の間仕切りとなりました。

南面に大きな窓があり、そこからいい感じの光が差し込んでおり、その光が幾十ものファブリックを通りお部屋全体を柔らかい雰囲気に包み込みます。
サロンスペースの大部分を占めるのが、マッサージスペース。コチラは透けにくい二重レースを使い絶妙な透け加減。一方、よもぎ蒸しスペースは、プライベート感を重視しお客様に不安感を与えないよう透けない生地をセレクトしてます。

maison de Mさんが入っているビルは、いかにも神戸・栄町らしい築年数20-30年程のテナントビル。古いお部屋をリノベーションしてつくられた空間はとっても居心地がいいのです。内面から美しくなれる場所、まさにそんな空間が完成いたしました。

ログハウスのリノベーション

正面から見たキッチン
奥行きのあるリビングダイニングとキッチン
キッチンから見たリビングダイニングスペース
新たにつくったロフト・キッズルーム

元々、広々とした吹き抜けのログハウスだったお家。お子さまの成長と共にスペースが必要との事で、吹き抜けを1/2階に仕切りました。2階のロフトスペースはキッズ空間となりました。キッズルームの扉にはリサブレア・オリジナルのアニマルパターン!

キッチンの位置も大きく移動し新たにキッチンを新設。アイランド型キッチンで空間を広々と使えるように!
キッチン移動に伴いネックとなったのが、キッチン背面の窓。窓に合わせて収納を付けると空間が別れて見えてしまいます。ですが、空間を広く見せるため、窓も収納の一部となるよう扉で締めれるようにしています。落ち着いたトーンのパープルとブラックのキッチンを入れる事により、ログハウスのカジュアルな雰囲気がグッと大人びて見えますね。

通りがかりでリサブレアにお越し頂いたK様、弊社にリノベーションをお任せ頂き、ありがとうございました!

クライアント名
K様邸
施行月
2017年10月

人が集まるお家、みんなで楽しむためのスペース

キッチンとダイニング、リビングスペースが一体になった空間
アイランドキッチンとその背面に収納が!
ダイニングスペース側から見たキッチン
リビング壁面収納にはTVが!
ずどーんとした大きな空間
リビング側にテーブルを動かしてみました
キッチン奥のスペース。カーテンで区切れるようにしてます
大胆なデザインのお玄関
トイレも期待を裏切りません!輸入クロスを全面に使ってます。
洗面とお風呂も壁紙も!

小さな頃からゲストが沢山集まるお家で育ち、人を招くことが大好きなパーティガール T様!
こちらのお家はT様が生まれ育ったご実家でもあります。思い入れのあるお家の1階のみ大胆にリノベーション。

人を招いた時にお料理しながら会話を楽しみたい!

キッチンからゲストの様子が見渡せる開放感のあるアイランドキッチン。収納は壁の一部にし、要らないものは隠しながらも使い易さも考慮した大容量収納!TVはリビング側にある壁面収納の中。ゲストが来た時は必要ない物は隠してしまいます。

生地が大好きなT様。椅子の貼り生地はメインのシルバーを決め、その他は数種類の生地を混ぜて遊び心を!機能的なファブリック性のブラインドの両端にはBusatti社の質感のある飾りカーテンを付けています。

打ちっ放しならではのシャープさに、生地やモールなどを加えることにより温かみのあるインテリアになりました。
T様とご家族がいつも笑いながら暮らしを楽しんでいる様子が目に浮かびます!

クライアント名
T様邸
施行月
2018年12月
PON-26

新築マンションを自分好みにプチリノベ

モダンな暖炉とタイル、壁紙やカーテン。トーンを揃えた異素材ミックス
カーテンを開けると、また雰囲気が違います
キッチン側から見たリビング
大胆な色と素材の組み合わせが印象的なベッドルーム

新築マンションをご購入されたS様。リビングとベッドルームの間取りを大胆に広くリフォームされました。
施工業者様はお客様ご自身でご依頼され、リサブレアでは壁紙とカーテンのコーディネートをさせて頂きました。アクセントクロスはベルギーの壁紙ブランド「Khroma」 特にニュートラルカラーの色合いが美しく人気のブランドです。アクセントクロスに合わせて、その他無地クロスをご提案させて頂きました。

リビングのシェードカーテンはオランダの「KOBE」というブランドの生地。2年前から取り扱い始めましたが、独特のナチュラル感とラメ感と相反する素材感が合わさっています。

ベッドルームの壁紙は国内メーカーですが色味がとても美しい。カーテン生地はベルベットのクロコダイル箔押しです。とにかくお客様のセンスが良く、大胆な合わせも楽しんで取り入れて頂きました。

リサブレア オンラインショップはこちらから