Works

カーテンリメイクでベッドルームが大変身!

窓にあったカーテンの一部はベッドヘッドに!
ベッドルームに必要のなかった小窓はベッドヘッドで隠しました
ボタニカル柄のラグと壁面アートで統一感を
新しくつくったレースカーテンはマスタードイエロー
右側のブラケットに被せるように配置したフレーム
ベッドリネンも実はボタニカル柄
今回隠してしまった小窓
ずっとお使いだったパープルのカーテンをそのままリメイク

リビングダイニングの家具や鏡などをお任せ頂いたN様より「ベッドルームが気に入っていないのだがどうしたらいいか分からない!」というご相談から始まりました。
このお部屋の1番のお困りポイントは、微妙な位置にあった小窓でした。
そこで空間を綺麗に見せるため、思い切って小窓を完全に隠す&ベッド位置を変えてベッドヘッド風に見せるタペストリーを作りました。

実は、使っているパープルの生地はすべて元々このお部屋にかかっていたドレープカーテンでした。ほとんど閉めないとのことでしたので、両端だけの飾りカーテンに作り替え、大胆カット。切った生地をベッドヘッド、クッション、ベッドカバーのパイピングへと余すことなく使い、パープルでお部屋全体を統一しました、

カーテンはレースを黄土色のリネンライクな生地でお作りし、合わせてドレープにもイエローのバンディングでアクセントに。ベッドカバー&クッションはイタリア・Busatti(ブサッティ )の綿麻生地でお作りし、ラグはスイスのフィスバ(クリスチャン・フィッシュバッハ)のパープル・イエローの入ったボタニカル柄を入れることで全体がナチュラルな温かみに包まれるお部屋になりました。

N様、ありがとうございました!

クライアント名
N様邸
施行月
2022年1月
PON-1270

南青山の街に溶け込むフラワーショップ「gigi fleuriste」

バックオフィスの仕切りカーテンがショップのアクセントになってます
アンティークチェア&サイドテーブル。おしゃれなマダムが腰掛ける様子を想像してしまいます
グレーパープルが美しいダマスク柄のカーテン
こちらがファサードのシェードカーテン
ストライプの生地は店内カーテンとお揃いの質感
店内側からは裏が見えないように幕を取り付けましいた
もちろん主役は店内に並ぶお花達

2021年の2月に南青山のヨックモックミュージアムの近くにオープンされたフラワーショップ「gigi」様。
そこでつくられるフラワーアレンジメントは繊細で洗練されたジュエリーのようです。

お客様からのご紹介で初めてご連絡があったのは数ヶ月前でした。コロナ禍にて私たちもオンラインツールを使えるようになったことも手伝い、オンラインのお打合せとサンプルご送付を重ねながらカーテンを制作させて頂きました。

南青山の街に溶け込むようにとファサードのシェードカーテンには特に拘られたオーナーご夫妻。シェードはグレーパープルのベルベット生地、そして店内のバックオフィスとの仕切りにはお揃いのダマスクの生地を選んで頂きました。ショップの顔となるファサードにシェードにはピンク系のタッセルブレードを付けてフェミニンな印象に仕上げています。またシェードは外側を表にしているので、室内側には幕を付けて裏側が見えないような工夫も!(プロでないと気付かないかもしれませんが 笑)

オンラインでの打合せで生地を見て頂き、そこからはサンプルを送って実物を確認作業を数回繰り返すプロセスを踏み完成に至ったカーテン達。アンティークチェアとサイドテーブルも弊社にて揃えて頂き、なんだかパリの路地裏に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

gigi fleuriste様、私たちをお選び頂きありがとうございました!

gigi fleuriste
東京都港区南青山6丁目15-13南青山レジデンス102 TEL. 03-6712-5428
営業時間: 11時〜17時・定休日: 月火曜日
インスタグラム→@gigifleuriste

クライアント名
gigi fleuriste
施行月
2021年月
PON-960

「癒し」を生み出すベッドルーム!天然繊維のカーテン

この生地はやっぱり長めに仕上げるのがオススメ!
タッセルで結ぶと裏側の生地がチラリと見えます
閉じた時には生地の柔らかさが強調されます
縦ジワ加工された生地は質感抜群
敢えてヒダはつくりません
シェードカーテンの裾も柔らかさを活かした仕上げに
アップで見るとこんな感じです

T様邸のベッドルームのカーテンは、創業179年イタリアのファミリー企業 Busatti社(ブサッティ)の生地でつくらせて頂きました。天然繊維の生地しか使わないブサッティ社の生地は、糸がとにかく太い!天然繊維でありながら耐久性に優れており、今も昔も世界中のセレブに愛されています。
こちらのリネンコットンの重みのある生地は、カーテンになると美しいドレープ感が生まれます。

注文住宅で間取りや内装材に拘りお家づくりをされたT様。明るく開放的なリビングルームとは対象に、ベッドルームはリラックスできる様ダークブラウンの壁紙。その壁紙に合わせベージュの生地を選ばれました。

濃淡のリバーシブルになっているので、裏側の濃い方のベージュがチラリと見える事で表情豊かなカーテンに仕上がりました。上部はヒダを取らずに敢えてフラットに仕上げ、長めにつくることでボリューム感とこの生地の持つ柔らかさを出しております。そして、周りは黒い生地を細く巻く事により引き締め効果を持たせています。奥に見える小さな腰窓はシェードカーテンでスッキリとまとめました。

T様にも大変喜んで頂きました。ありがとうございました!

●T様邸リビングルームシンプルなお部屋にカラフル生地でコーディネート!コチラ
●Busatti社(ブサッティ)の訪問ブログ→コチラ
●リネンコットンでつくったブランケット→コチラ

 

クライアント名
T様邸
施行月
2020年12月
PON-844

シンプルなお部屋にカラフル生地でコーディネート!

リビングルームのカーテン
LARSEN(ラーセン)のグラフィカルなデザインが窓いっぱいに広がる
クッションはソファに合わせてオーダー制作
レース越しに見えるのは庭のグリーン
見事な刺繍が伝わりますでしょうか?
リビングから繋がるダイニングルーム
椅子貼りがアクセントになっています
細部はパイピングで仕上げています

T様邸のリビングルームのカーテン、ダイニングチェアの貼り替えをさせて頂きました。
3人の元気な子ども達が走り回る開放的なお家。先ずはリビングルームのカーテンからご紹介です。

デザイナーとしてだけではなく、伝統工芸の研究者や本の著者としての顔を持つ Jack Lennor Laesen(ジャック・レノア・ラーセン)が立ち上げた、1950年代にアメリカで生まれたブランド LARSEN(ラーセン)。ギニアの都市Malabo(マラボ)と名付けられた生地は、アフリカを彷彿させる土っぽいデザインが特徴的で、天然繊維に施された美しい刺繍生地はため息が出るほど美しい。

T様邸の新築は太陽光が入り自然素材がふんだんに使われているシンプルなインテリア。所々に遊び心のあるタイル等が散りばめられています。庭を臨む大きな窓にこのカーテンが入る事でグッとインテリアに華やかさが生まれました。リビングルームから繋がるダイニングルームの椅子は座面の貼り替えをさせて頂きました。カラフルな色味のカーテンから繋げていく様に、弊社得意のパッチワーク仕様!

エレガントさとナチュラルさが融合するリビングの大きな照明、階段吹き抜けの3連ペンダント照明も弊社にてご準備させて頂きました!

シンプルなインテリアにファブリックで色彩豊かに仕上げていくことで、ゆっくりと住む人の個性が滲み出る様子を見せて頂きました。
T様、いつもありがとうございます!この先も末長いお付き合いをよろしくお願い致します。

●T様邸のベッドルーム「癒し」を生み出すベッドルーム!天然繊維のカーテン」→コチラ

クラシックなカーテンに「モダン」テイストを加える

コチラが完成形!
少し眩しい時はインナーカーテンを閉めます
同じ窓?! ビフォアはこんな感じでした
リビングには3窓あります
コチラが同じ角度から見たビフォア写真
大きなマッサージチェアも圧倒します
生地本来のドレープ感、細部の仕上げにも拘ります
スワッグとはこの部分の事を言います
光沢感、色味細かな調整をして完成していきます
インナーカーテンのシノワズリの生地
裏地を少し見せていくのがポイント!
弊社のスタッフが取り付けまで全て行います

公式ラインよりお問い合わせのあったM様。「お家を建てた当初にご主人が選んだアイボリーの和風が掛けているけどお部屋に合わない気がする…」とのご相談でした。家具もインテリアもクラシックがお好みのM様ですが、カーテンもそのままクラシックにしてしまうと、重厚感が出すぎてしまいます。

そこでリサブレアがご提案させて頂いたのが、鮮やかなブルーのサテン生地。イギリスのClarke & Clarke(クラークアンドクラーク)のサテン生地は50種類以上の色数があり、上品な光沢感が特徴です。天井が高いのでスワッグスタイル(カーテン上部の飾り)で全体に華やかさを出しながら、クラシックにまとめていく。そこに鮮やかなブルーを入れる事でモダンな要素が加わります。

また、ドレープのレイヤーにはシノワズリの生地を入れております。そのカーテンを開閉し、テレビを見る時も光を遮る事ができます。欧米ではカーテンはインテリアのデコレーションに於いて重要なアイテム。美しいドレープ性のあるカーテンがお部屋に入ると空気感が一気に変わります。

M様には大変喜んで頂いており私たちも幸せです。
ありがとうございました!

クライアント名
M様邸
施行月
2021年4月
PON-965

インテリアが垢抜けるアッシュパープルのカーテン

W様邸のフォトスポット!
丈を長めに裏地を付けたカーテンの存在感が美しい。
裏地を付ける事で生地本来の色味を活かします。
ゴールドのマイクロパイピング!
クッションとカーテンの相性が◉
こちらはダイニングのバルーンシェード(空間の完成はもう少し先)
廊下に鏡を取り付る事で空間に広がりが生まれました。ご主人のバイクもかっこいい!
こちらはベッドルーム。
左側の腰窓も長めのカーテンにする事でエレガントさが生まれます。
右側の小さな窓をシェードにするとスッキリと見えます。
ドレープ感が美しい生地。
外の光を美しく取り込むレースカーテン。
トイレの目隠しに暖簾?取り出し易い様3分割!

新居に合わせてインテリアを新しくしたい!と言うご相談でご来店頂いたW様。
今まではお仕事をされながら子育てに追われていたり、引越しが多かったりと中々インテリアに時間を使う時間が無かったそうです。

「私はインテリアには無頓着で…」と仰っていましたが、お好きな物がはっきりしており、生地の色味はアッシュパープルを(イギリスClarke&Clarke)とても気に入られました。このサテン生地は裏地を付ける事でより美しいドレープが出るので、裏地を付けてゴールドのマイクロパイピングを施しております。この色味がインテリアに入るとグッとインテリアが垢抜けます!

フロアランプや、鏡など小物を所々にレイアウト。施工にお伺いした際にフォーカルポイントとして、お持ちのアートをさっと取り付けさせて頂きました。元々お持ちのアイテムにこのカーテンがドンっと鎮座する事により、オリジナリティ溢れるW様らしい空間に。

ベッドルームや個室は弊社オリジナルのナチュラル感のあるヘリンボーン生地と、同じくオリジナルのレース生地の組み合わせです。
ナチュラルさとエレガントさを併せて持つ窓になりました!

今後、ダイニングにも新しく家具を入れたり、ゆっくりとお片付けしながらW様の理想のインテリアに向けてご準備されています。
私たちも一緒に楽しませて頂きます!いつもワンちゃんと一緒に笑顔で迎えて頂き、ありがとうございます!

 

クライアント名
W様邸
施行月
2021年1月
PON-945

赤をアクセントにしてまとめるインテリア

生地を貼り替えて生まれ変わった椅子。御影のマモンエフィーユの缶と馴染みます。
クッションは撮影用に持ち込みました。
近くで見ても美しい生地
こちらが椅子のビフォア写真
気持ちの良い光が差し込む窓にはカラーレースを!
違う角度から。レッドが所々に散りばめられているインテリア。
ビフォア写真。シンプルでスッキリですがアクセントが入ると見事に変わる様子が....
以前ご購入頂いていたシノワズリのアートパネル
カーテン生地の拡大。質感が少し伝わりますか?
夜になるとレースカーテンの表情の変化を楽しむことができます
やはり魅力的なレース❤︎

ここ数年ずっとリサブレアにご来店頂いては、クッションやアートパネル等を取り入れて頂いて頂いたF様。
今回はカーテンと椅子貼りの生地をご提案。
築25年のとっても素敵なマンションで「リフォームを見据えて少しずつ手を入れていきたい!」と言うお話でしたので、今後進むべきインテリアの方向性をヒアリング。

インテリア好きのF様、家具自体はオーク系、白いカーテンとソファ、ナチュラル感のあるインテリアです。
好みを聞いているとナチュラル系ではなく、どちらかと言うとエレガントな方向性だった事、レッド〜パープルがお好きな事などをお聞きしていたので、レースカーテンはVilla Nova(ビラノバ)の複雑なテクスチャのあるカラーレース(撮影時は日中だったのでドットが見えませんが…)、そしてお持ちの一人掛けチェアには、アクセントとしてOsbone&Little(オズボーンアンドリトル)のジオメトリック柄の生地をご提案させて頂きました。

撮影時には、オットマンをテーブルにする事など、ご自身では中々気付かないちょっとしたインテリアのコツをお伝えし、見事に空気感が変わりF様にも喜んで頂きました。ありがとうございました!

クライアント名
F様邸
施行月
2021年1月
PON-883

ナチュラルインテリアを彩る、グラデーションレース

ナチュラルなインテリアに、ブルーグリーンが美しいアクセントに
グラデーションの綺麗なレースカーテンを制作
元はシンプルなホワイトのカーテン
ナチュラルなインテリアと相性抜群です
景色の良い窓はレースのみで
ワインが大好きな三島さん❤︎
外からの目線の気になる窓はレースonレース
ざっくり編みでリラックスした印象を演出してくれる質感
角度を変えると見え方が変わるレースカーテン

いつも弊社と仲良くしていただいているCross Foodの三島様の個人邸にカーテンを制作させていただきました。

Beforeはシンプルなホワイトのカーテンでしたが、ブルーグリーンのグラデーションレースでイメージチェンジ!

ざっくり編みでリラックスした印象の質感の生地です。ナチュラルなインテリアに映える、美しいアクセントになりました。

異人館の見える窓は、レースのみで設置。

外からの目線が気になる窓には、レースonレースの重ね付けで遮像するようにしています。

三島様、ありがとうございました!

クライアント名
三島様邸
施行月
2020年12月
PON-911
リサブレア オンラインショップはこちらから