Works

カーテンリメイクでベッドルームが大変身!

窓にあったカーテンの一部はベッドヘッドに!
ベッドルームに必要のなかった小窓はベッドヘッドで隠しました
ボタニカル柄のラグと壁面アートで統一感を
新しくつくったレースカーテンはマスタードイエロー
右側のブラケットに被せるように配置したフレーム
ベッドリネンも実はボタニカル柄
今回隠してしまった小窓
ずっとお使いだったパープルのカーテンをそのままリメイク

リビングダイニングの家具や鏡などをお任せ頂いたN様より「ベッドルームが気に入っていないのだがどうしたらいいか分からない!」というご相談から始まりました。
このお部屋の1番のお困りポイントは、微妙な位置にあった小窓でした。
そこで空間を綺麗に見せるため、思い切って小窓を完全に隠す&ベッド位置を変えてベッドヘッド風に見せるタペストリーを作りました。

実は、使っているパープルの生地はすべて元々このお部屋にかかっていたドレープカーテンでした。ほとんど閉めないとのことでしたので、両端だけの飾りカーテンに作り替え、大胆カット。切った生地をベッドヘッド、クッション、ベッドカバーのパイピングへと余すことなく使い、パープルでお部屋全体を統一しました、

カーテンはレースを黄土色のリネンライクな生地でお作りし、合わせてドレープにもイエローのバンディングでアクセントに。ベッドカバー&クッションはイタリア・Busatti(ブサッティ )の綿麻生地でお作りし、ラグはスイスのフィスバ(クリスチャン・フィッシュバッハ)のパープル・イエローの入ったボタニカル柄を入れることで全体がナチュラルな温かみに包まれるお部屋になりました。

N様、ありがとうございました!

クライアント名
N様邸
施行月
2022年1月
PON-1270

ベンチシートのある暮らし

扉を開けると広がる風景
奥行きはゆったり目の50cmに設定
太陽の光が入ることで生地の柔らかさが強調されます
取付前のビフォア写真
センターにはピンクのベルベットの細長クッションを(写真右)
クッションの仕上げも少し工夫してリズムを出します
裏面はピンクの麻生地をセレクト。チラ見せがカワイイ
シートクッションは麻とは対照的なベルベットを!
フリンジを付けると魅力倍増ですね

H様邸から「玄関をリフォームしたい!」とご相談を頂いたのは半年ほど前のことでした。
扉を開くと長い廊下の正面に見える大きな窓。その奥にはとっても素敵なお庭が広がっていると言う贅沢な空間です。

H様が気に入られた生地はイギリスの伝統的な生地ブランド Colefax and Fowler(コルファックス・アンド・ファウラー)柔らかいヘリンボーンの麻生地に刺繍が施してある溜め息が出るほど美しい生地。

ボックスバルーンシェードにフリンジを付け、お揃いのクッションを制作致しました。
ベンチシートの土台は弊社にて簡易図面をお渡しし、H様おかかえの大工さんに制作して頂きました。

何もなかった空間に、ベンチシートが入ることで何とも温かい空間に生まれ変わる。ゲストが来る時には、ベンチに腰掛けながらお茶とお庭を楽しまれている様子を想像してしまいます。

まだまだリフォームプロジェクトは進行中ですが、先ずは年末に完成したエントランス空間をご紹介させて頂きました。H様、ありがとうございました!

クライアント名
H様邸
施行月
2021年月
サイズ
W1700mm
PON-1087

遊び心のある壁紙で気分転換!

開放感のあるエントランス。掘り上げ天井がアクセント
反対側から撮影した写真。アクセントクロスは壁面に
高い天井はクロスを貼り分けて
壁面クロスの石目調の質感
壁面クロスは廊下まで続く
長い廊下も雰囲気が一変
石目調の質感
ご主人の書斎は壁面全体をこのクロスに
天井は同色の質感のあるクロス。梁は暗くなり過ぎないようグレー系をセレクト
書斎にふさわしいクロス
調度品との相性も抜群!
ベッドルームは天井、梁、壁面の貼り分け
ベッド上ニッチの布団貼りも貼り替え
ベルベットのクロコ柄の凹凸感が美しい
大人女子がテーマのセレクト
大胆に変わったトイレは家族に大人気!
絶妙な色味とデザインがかっこいい

エントランスとご主人様の書斎の壁紙のご相談があったのは数ヶ月前のこと。
10年前のお引越し当時は、内装全体をリノベーションされたので壁紙をきっちり選ぶ時間が無かった…  と仰っていたY様。
様々なクロスをお持ちすると喜んで頂き、廊下からベッドルーム、トイレまで全て壁紙を変えることになりました!
とにかく奥様の「壁紙でこんなに変わるんですね!楽しい!」と仰っていたのが印象的で、連日の施工にも関わらずいつも笑顔で迎えて下さいました。

家全体は造作家具が多く高級感のある本当に素敵なインテリア。建具はダークカラーでオリエンタルな雰囲気です。
エントランスホールはスペースが広く天井が高く、オリエンタルな建具だったので、Nina Campbelのシックなボタニカル柄。玄関を入った時の開放感を強調しゲストをワクワクさせるデザインを選びました。実はエントランスでは合計4種類のクロスを使ってます。

書斎はご主人様に選んで頂きました。イギリスのAnthologyの壁紙で龍のような地層のようなモダンなクロス。
Anthologyを使う機会は多いのですが、この大胆なクロスは初めてでした。重厚感のあるインテリアなのでこのダイナミックなクロスもぴったりとはまりました。
梁、天井は貼り分けて合計3種類のクロスを使っています。

ベッドルームは奥様に選んで頂きました。当初は壁面のクロス変更の予定は無く掘り上げ天井と梁のみだったので、天井部分にオランダのBNMarcel Wandersコレクション。梁は光沢感と色味が絶妙なOmexco。そしてベッド上のニッチの布団貼りは弊社のベルベットで貼り替えました。淡く優しい印象だったベッドルームにパープルのアクセントを加える事により、大人女子なイメージに変わりました。

最後はファミリー用のトイレです。扉を開けた瞬間「わー!!」と驚く特別な空間に大変身!こちらも同じくBNのMarcel Wondersコレクションです。
トイレがご家族にとって一番のサプライズだったみたいですね 笑 大胆ですが何故か落ち着く絶妙なトイレに変身しました。

壁紙の持つ可能性を改めて感じるプロジェクトとなり、何よりもY様ご一家と一緒に壁紙を決めていくプロセス、日々変わっていくお家に喜んで下さる姿が印象に残ります。Y様、ありがとうございました!

 

クライアント名
K様邸
施行月
2020年11月
PON-791

ファンタジックな空間づくり

スタジオタイプのリビングスペース
扉を開けるとバスルーム
左に見えるのがベッドヘッド、この前にベッドが入ります!
こちらはミニキッチン側
バスルームまで床材が続きます
作業スペースには造作家具を!
なんと楽しいバスルーム!
余った壁紙でウォールパネルを制作
お手洗いから見るとこんな感じ!
右上にはグリーンの照明
シェードはアニマル生地に貼り替え(照明は弊社にて準備)
ベッドヘッドはゴールドベルベット
クロスの詳細。本当にかわいい!
トカゲのオブジェ 笑

H様のセカンドルームとしてご依頼を受けたお家のインテリアを担当させて頂きました。
スタジオタイプのお部屋にお風呂とトイレ、クローゼットが付いた約40平米のスペースです。とにかくボタニカルやアニマルが大好きなH様、初めてご来店頂いた時に色々とお見せしながらお話しましたが、終始目がときめいていたことが印象的です。

トイレとバスルームはCole&Sonのかなりモダンなデザインのボタニカルなトワルドジュイに一目惚れ!そこからスタート致しました。
リビングとベッドルームが一体となったスタジオタイプのお部屋には、ジャングル系ボタニカルの壁紙を天井まで大胆に伸ばしたオリジナルクロス。まるで森の中にいるようなファンタジー空間。H様のご希望でキノコの家やお猿さん等見れば見るほど楽しくなってしまいます。

スペースが限られているので収納は全て造作家具です(キッチンはお客様ご指定のシステムキッチン)。そうする事で有効にスペースを使いながら美しく収納する事ができます。また、壁面に取り付けたベッドヘッド(撮影時はベッド無し)や、ベンチシートをつけることにより生地の温かみを感んじるお部屋になりました。

普段はご多忙なH様、ゲストと一緒にティータイムやカクテルタイムを楽しんだり、ゆっくりと一人で時間を過ごしたり… そんな特別な空間です。
照明や取っ手など細部に「かわいい!」が沢山盛り込まれたインテリアは正に唯一無二の空間です。H様本当にありがとうございました!

クライアント名
H様邸
施行月
2020年11月
PON-766

ブラック×レッドの個性が光るマンションリノベ

椅子張りの背面は、お客様が一目惚れされたJane Churchill(イギリス)の生地。
矢印の部分がキャットウォーク。
CALLIGARIS(イタリア)のモダンなテーブルをセレクト。大きいがスムーズなエクステンションができる。
シェードも納品。スタイリッシュな仕上げ。
シックなニュアンスグレー生地はKOBE(オランダ)のもの。
ワインセラーを組み込むなど、壁面と一体化した大容量収納もご提案。

リノベーションのトータルコーディネートをさせていただいたN様邸。
元は白壁のシンプルなマンションだった内装を、ブラック×レッドがお好きなお客様のクールな感性に合わせて大胆リノベ!
壁ごと取り壊してリビングを拡張するところから始まりました。

トータルコーディネートさせていただく際は、審美性・機能性も考えて設計からプロデュースしていきます。
今回のお客様のこだわりはなんと言っても、愛猫のためのキャットウォーク!猫ちゃんがタワーを登り、リビング〜隣の洋室を自由に行き来できます。パッと見気づかないほどスタイリッシュに収めています。
収納棚は時に主婦の目線で使い勝手を考えながら少しでも大きな収納、でも綺麗に壁と一体化して収まる見た目を作り上げています。

もちろんファブリックは全て制作させていただいています。
空間のアクセントに目を引く椅子の背面は、お客様が一目惚れされたJane Churchill(イギリス)の生地で張り込み。内側は猫ちゃんが乗っても傷つきにくい合皮で。
機能性がある上にインテリアとしてもアクセントになるので、複数の生地を組み合わせる椅子張りは、私たちが得意とするところです。

ニュアンスグレーのシックなシェードはKOBE(オランダ)の生地で制作。高層マンションで日当たりが強いので、レースは遮熱機能の物にしています。

照明やテーブルなど、家具もご提案させていただきました。

お客様のクールなセンスを実現するお手伝いをさせていただき、感謝いたします!

 

キッチン&ダイニングをアップデート

左手に見えるのがキッチン収納の扉
キッチンから続くダイニングスペースまでモノクロの床が続きます
食器を沢山お持ちのY様。収納はたっぷりと!
窓際に新しくベンチシートを取り付ける事で沢山のゲストが座れます!
モノクロの床を斜めに切り替える事で空間を区切っていきます
洗面所はブルーの輸入クロス
見せたくないものは、同色のカーテンで仕切ってしまいます

8年前にリビングダイニングのリフォームをさせて頂いたY様より、キッチンと洗面所のリフォームをご依頼頂きました。
キッチンは新しいタイプに変え、収納スペースを拡張してつくりました。キッチンから続くダイニングスペースにはベンチシートを新しく取り付けました。またダイニングとリビングは床を斜めに切り替える事で、アクセント的な空間に仕上げております。パーティやご家族がカジュアルに集まることのできるスペースとしても活躍しそうですね。

キッチンの収納扉にはモノクロのフランスの街並みのお写真を加工して施工しております。オレンジとモノクロでつくりあげたY様の個性が溢れた空間。オレンジの輸入クロスは8年前に施工をさせて頂き、その壁紙を活かすように少しずつ新しいものを加えております。

そして、洗面所は鮮やかなブルーの輸入クロスと造作家具でまとめております。大胆な色を取り入れて頂くY様のセンスに脱帽です。
お招きしたゲストが特別な時間を過ごされている様子が目に浮かびます。

Y様、いつもありがとうございます。そしてこれからも宜しくお願い致します。

クライアント名
Y様邸
施行月
2020年8月
PON-631

真っ白なインテリアからの卒業

美しい「青」
施工前は真っ白な空間でした
リビングの大きな壁面はAnthologyのアクセントクロス(本文にリンクあり)
ダイニングの照明は弓形シャンデリア
元々お持ちのクッションも素敵!
大きな窓のアクセントとなるベルベットカーテン
ダイニングには紺色のアクセントクロスを
天井→壁→毛並み模様のクロス
こちらもゴールドが効いています
廊下はカーペット、リビングはフローリング、斜めに切り返した床
ベルベットは美しい
Blue Moonという色名
ビーズ加工がしてあるクロスは光を綺麗に拾う
ビーズ加工がしてあるクロスは光を綺麗に拾う
毛並みデザインのクロスは空間にリズム感を与える
玄関から廊下、そしてリビングへ
フローリングとカーペットの切り返し

3年程前にご自宅のフラワーアレンジメント・アトリエのリフォームデザインをさせて頂いたN様。今回はリビングルームのリフォームのご相談でいらっしゃいました。

日本の西海岸(笑)であり、明石海峡大橋から瀬戸内海、徳島まで見える素晴らしい眺望のマンション。太陽の光がキラキラしていて「青」の似合うリビングルーム。築25年程のマンションでは水周りや空調の不具合からリフォームされる方が多いのですが、N様もそれがきっかけになったそうです。マンション専属の工務店さんによる施工だったので、私たちはデザインのみ担当させて頂きました。

今までは全てアイボリーの壁紙でした。今回お選び頂いたのは、Anthology(英国)のもので、ビース加工がされており唯一無二のデザインが特徴です。この壁紙を気に入って頂き、ダイニングには紺色のアクセントを混ぜ、掘り上げ天井にはグレーの壁紙を使ったので、合計4種類で貼り分けました。

今まではベージュのカーペットだった床は、今回はフローリングに変え、一部ロールカーペットを使った床材の切り返し。フローリングとカーペットの見切り材とは真鍮を使ったので、ウォルナットのフローリングとの対比がとても美しく仕上がりました。

最後は美しいベルベットのカーテン。オランダのKOBEの生地で、色名は「Blue Moon」。その名の通り、何とも言えない存在感でリビングに重厚感を与えています。

N様、インテリアを心から楽しんでおられる姿で温かく迎えて頂き、仕事へのやり甲斐を感じる日々でした。
本当にありがとうございました!

◯フラワーアレンジメントのサロン:インスタグラム→@atelier.avenir
◯N様施行中のブログ→コチラ

クライアント名
N様邸
施行月
2019年12月
PON-554

壁紙で変身!プチリノベ

[After]洗面室
[After]洗面室
[Before]洗面室
[After]トイレ
[After]トイレ
[After]トイレ
[After]トイレ
[After]トイレ
[Before]トイレ
[和室]襖の壁紙、プリーツスクリーン、シノワズリ・アートパネル
[和室]シノワズリ・アートパネル

20年前にカーテンを施工させて頂き、少し前にカーテンのメンテナンスにも入らせて頂いたお付き合いの長いY様。
そして、今回は洗面所・トイレ2箇所の壁紙プチリノベです。リノベ前も今回も花柄の輸入クロスですが、今回はモダンなデザインでイメージチェンジ。
使用した輸入クロス:●EIFFINGER  ●DESIGNERS GUILD

輸入住宅ならではの、建具や造作家具のあるお家なので、とにかく輸入クロスが映えますね。
壁紙を変えると気分も一転!特に洗面所やトイレは個室ですので、リビングには使いにくい様な大胆なデザインを取り入れて頂けます。

和室の襖の壁紙、窓にはカーテンではなく「プリーツスクリーン」という不織布製のブラインドをご提案。柔らかい光の入り方が特徴です。
床の間にシノワズリ・アートパネルを飾って頂く事で、和洋折衷の美しい空間が完成致しました。

担当者のブログはコチラ

 

クライアント名
Y様邸
施行月
2019年9月
PON-464
リサブレア オンラインショップはこちらから