Works

ログハウスのリノベーション

正面から見たキッチン
奥行きのあるリビングダイニングとキッチン
キッチンから見たリビングダイニングスペース
新たにつくったロフト・キッズルーム

元々、広々とした吹き抜けのログハウスだったお家。お子さまの成長と共にスペースが必要との事で、吹き抜けを1/2階に仕切りました。2階のロフトスペースはキッズ空間となりました。キッズルームの扉にはリサブレア・オリジナルのアニマルパターン!

キッチンの位置も大きく移動し新たにキッチンを新設。アイランド型キッチンで空間を広々と使えるように!
キッチン移動に伴いネックとなったのが、キッチン背面の窓。窓に合わせて収納を付けると空間が別れて見えてしまいます。ですが、空間を広く見せるため、窓も収納の一部となるよう扉で締めれるようにしています。落ち着いたトーンのパープルとブラックのキッチンを入れる事により、ログハウスのカジュアルな雰囲気がグッと大人びて見えますね。

通りがかりでリサブレアにお越し頂いたK様、弊社にリノベーションをお任せ頂き、ありがとうございました!

クライアント名
K様邸
施行月
2017年10月

好きな生地を使い倒す!

ダイニングの角にパーティションを配置
パーティションの生地
パーティションと同じ生地でスツールの張替えも!
クッションにも様々な生地を使っています
カーテンはリネンが入った柔らかな質感(写真提供 @yumi_ourstyle)
表と裏の生地を変えるのがポイント
照明のサイズは同じ、でもカタチを変えて(写真提供 @yumi_ourstyle)

オトナ女子の一人暮らしのインテリア!
Y様は1年程前に東京に転勤が決まりました。

関西にいる時はご実家であった為「自分の好きなインテリアにできない…」と言いながら、インテリアへの情熱に溢れ、リサブレアではご自宅用のパーティションを制作させて頂きました。
玄人好みのオランダのKOBEの生地に一目惚され、パーティション制作時の残布でスツールの貼り替え、パーティションに合わせた生地に合わせてオーダークッションも!

そして、東京での一人暮らしのマンション用に、照明やカーテン等もご提案させて頂きました。
フラワーアレンジメントが得意なY様のご自宅は、気持ちの良い光が入り、どこにもない、Y様の個性がきっちり反映されているインテリア。

バリバリ働く女性でありながら、穏やかな空気感。限られたスペースを最大限に活かすリノベ物件のインテリア。
好きな生地でインテリアを自分色に染めていく…. とっても参考になります!

●2019年に追加したシノワズリ・アートパネルの施工写真はコチラ
●お宅訪問の生地はコチラ

クライアント名
Y様邸
施行月
2018年3月
PON-33