Works

撮影スタジオになる、光と生地の美しい空間

LAUT Photo を主宰されているオーナー様の拘りのインテリア。

2017年にご自宅マンションのリフォームの際、内装材セレクト、カーテン、ソファカバー、クッション、照明等を担当させて頂きました。

ご自宅をカメラレッスンサロンやスタジオとして使われることもあるので、照明の配置、自然光の取り入れなど細部にまでしっかりとご自身のイメージがございました。そのイメージをカタチにするお手伝いをリサブレアが担当させて頂きました。

施工:お客様ご依頼工務店様
撮影:LAUT Photo

クライアント名
K様邸

「スエヒロウェディング」様(神戸市中央区)

2018年5月に新店舗オープンされたレンタルドレス専門店スエヒロウェディング様。壁面デザインを担当させて頂きました。

見せる壁であると同時に、試着室や事務所スペースとしての機能のある壁。オリジナルシノワズリ壁紙をメインに、カーテン・モールディングを配して華やかに演出しました。

シノワズリはCelebrationの意味を含めフレッシュでフェミニンなデザインに仕上げています。ドレスを選びに来られるお客様に特別な時間を過ごして頂けますように願っております。

クライアント名
スエヒロウェディング様
PON-32

Blue&Whiteのスワッグ&テール

リサブレアのレッスンにてご自身でスワッグ&テールを制作されたT様。

ツヤのある白生地にニュートラルな青系生地のバンディングの装飾デザイン。バンディングの部分にはパイピングやブレードを施しており、細部のデザインにも拘った装飾カーテン。

マンション特有の梁の上からスワッグを設置する事で圧迫感を無くし、空間を最大に生かしました。ブログ記事はコチラ

生地:FISBA Essence 14166 601/ 608

クライアント名
T様邸

ブルー基調のオリエンタルコーディネート

クッションと鳥のブルーが効いてます
コットン生地にサテン切替、質感差もアクセント
カーテンは程よく光が透ける
艶やかなシャンタン素材です
この部屋に繋がる玄関がこちら→
玄関はゴールドシノワズリ
アンティーク風の質感
輸入ベルベット生地で椅子張もさせて頂きました

元々ブルーで統一した素敵なご自宅にお住まいのH様。クッション・カーテン・椅子張・壁紙で、華やかさをプラスするコーディネート提案をさせて頂きました。

3人掛けソファ用クッションはROMO(イギリス)のコットン生地(白)に、アクセントのブレード付きでクールに。背景にくるカーテンは、オリジナルシノワズリ生地で制作。

玄関の壁紙はゴールドのシノワズリです。1人掛け肘掛椅子は柔らかな輸入ベルベット生地張り。

H様らしいコントラストの効かせ方がとても個性的なインテリア。大人フェミニン感のあるインテリアにアップデートさせて頂きました。

クライアント名
H様邸
PON-39

森本産婦人科クリニック様(神戸市垂水区)

温かみのある待合、窓にはシノワズリのガラスフィルムを
オリジナルシノワズリ壁紙で生命力の溢れるエントランス
ダイニングルームは高級感あるウィンドウトリートメント
突き当たりのカーテンをエレガントにすると、廊下全体が優雅な空気に
天使でいっぱいのファンタジックな新生児室
壁紙・ガラスフィルム・バルーンレースで演出
分娩台に寝転んだ時目に入るよう、天井の壁紙をデザイン
壁紙の切り替えにも工夫を凝らしています
個室はそれぞれ違う雰囲気
クッションなど小物も制作
クラシカルな個室
ポップなフリンジ付きのスツール張り

2017年6月に開業された森本産婦人科クリニック様のインテリアデザインをトータルで担当させて頂きました。

アットホームな空気感の中でリラックスして頂きたいと言うオーナー様のご希望で、エントランスから待合室に掛けて生命感溢れる豊かな色合いでシノワズリの壁紙やガラスフィルムをご提案。

分娩室は、寝転がった時少しでも緊張が和らぐよう、天井に華やかなデザインを。新生児室は天使の舞うファンタジックな空間に。

個室はそれぞれ異なるデザインで壁紙の組み合わせ・カーテンスタイルにこだわっています。

ダイニングルーム・廊下など共用部も、カーテンスタイルに工夫を凝らしてエレガントさを演出。

クッションやスツールなど、小物も温かみのあるデザインで制作させていただいております。

 

クライアント名
森本産婦人科クリニック様
施行月
2017年6月

イングリッシュインテリアに映えるトロピカル刺繍カーテン

マンションをリフォームしてお引越しされたイギリスが大好きなお客様。

Jane Churchill(イギリス)の刺繍生地に一目惚れされ、リビングと2つの個室に全て同社の生地を使い、ご提案させて頂きました。

イギリスらしいのクラシックな家具にJane Churchillの遊び心溢れる色使いとデザインが、アクセントとなりました。個室のレースに少し色を入れているのもポイントです。

「神戸 北野ホテル」様(神戸市中央区)

クラシカルなウィンドウトリートメントはリサブレアの原点・得意分野です
イタリアで買い付けたタッセルも納品

オーベルジュスタイルのホテル、神戸 北野ホテル様に全30室の客室ファブリック全般のコーディネートをご依頼いただきました。

2016年〜2017年に掛けてお打合せを重ね、カーテン・クッション・ベッドスローの制作、椅子貼り生地をご提案。

大きく分けて赤・白・緑と3種のテーマカラーの客室があり、全30室全く同じ部屋は一つもありません。各部屋ごと異なる拘ったコーディネート。リピートでお越しのお客様にも、全く違う空間をお楽しみいただけます。

お客様が心地よく滞在でき、神戸ならではの洋の雰囲気を楽しんで頂けるよう、様々な輸入生地を使いデザインしています。

 

クライアント名
神戸北野ホテル様
施行月
2017年
リサブレア オンラインショップはこちらから