生まれ変わったアンティークの椅子

Blog

ここ最近ご依頼が増えているのが、椅子の座面貼り替えです。今回はしっかり使い込んだアンティーク感のある椅子をお持ち込み頂きました。私たちがご提案させて頂いた生地はHarlequinの廃番となったサンプル帖の生地です。椅子は座面のみの貼り替えですと、生地用尺が少なくて済みます。もちろん、常時ある訳ではありませんので運が良ければ、お気に入りの生地がお安く手に入るという感じです。

今回ご依頼頂いたのは2脚でした。そのサンプル帖の中から、種類が同じでデザイン違いを選んで頂いたのですが、その仕上がりがとても可愛かったのでご紹介させて頂きます。

ヨーロッパの生地は、天然素材にプリントしている生地が多く、こちらも100%コットンの生地です。化繊と違い耐久性は劣りますが、素材が醸し出す圧倒的な優しい雰囲気、そして大柄のデザインは魅力的です。お客様の椅子のアンティーク感とのバランスが本当によく合ってます。

こちらが拡大写真。生地感が伝わりますでしょうか?生地好きにとっては、素材感はとても重要ですよね!

こちらはチューリップの座面です。残布というのはその時々で変動があります。ですが運命的な出会いがあると、1種類の生地で揃えるのではなく、それぞれが違うデザインというのも魅力的です。

ご自宅に眠っている椅子はありませんか?
椅子貼り生地を変えるだけで生まれ変わりますので、お気軽にご相談くださいね。

Share

Category

Archive

Recent posts