3ヶ月におよぶリフォーム完成!

築30年のコンクリート打ちっぱなしのお家のリフォームのご依頼を受け、希望されたのはキッチン、バス、トイレおよび床を全面床暖をいれることなどでしたが、特にイメージのご希望とかはお任せいただく感じでした。ただ収納をとことん考えるということは初めからのご要望で、施主様の使い勝手やこうしたらどうかというご提案などがうまく混合してベストなものに出来上がったと自負しています。わたしはもともとお料理も大好きでいつもキッチンの動きやすさとか収納とかを考えています。自宅も3~4回以上新築や引っ越しリフォームでいろいろためし(とは言いながら今回のような大きなスペースがなかったのでいつも小さいスペースでなんとか収納もできて動きやすくてということを考えましたが)毎日の生活が快適で素敵でそして効率よく動けて、そしてすぐ取り出せるけれどすぐわかる位置にいろいろなものがあるにはどうしたらいいかと悩みます。ここではキッチンが4m60cmもあります。そして食洗機が2台パナソニックの引出タイプのものがご希望でした。自宅のキッチンも3m40cmありますがこれでも足りないぐらいで、ある本によればキッチンの長すぎるのもどうかということがありましたがスペースさえあれば5mぐらいあっても使いやすいなと思います。さらにこのような対面キッチンで反対側に座れるようにする場合には主婦は食べるときにも調理側にいて食事をします。そうすると足を入れるスペースがなければ快適に座れないのです。

不思議なのですがリフォームの依頼を受けた時、おこがましい言い方かもしれないのですがお家が求めているものを感じることができるのです。ここのお家は打ちっぱなしでしっかりした建物で、しかも内部も打ちっぱなしが生かされた素敵なお家だったのですが、30年経てば時代も変わり、もっとナチュラルなものをほしがっているような気がしました。さらにとても暖かくて楽しいご家族なのでそんなご家族やライフスタイルに合ったイメージはすぐ浮かんできます。

もともとリビングダイニングが広くて、以前はリフォーム後 予備室兼子供の勉強スペースとなっているところにキッチンがありました。でもガラッとかわりますがお庭に近いところにキッチンを持って来ればどれだけ明るくて気持ちがいいだろうと思いました。さらにその続きでお部屋を区切り、パントリーをつくれば導線もうまくいきます。パントリーは私の持論ですが細長くて棚の奥行は20cmで十分。ちょうどカンズメやビンが2つ並んでおけて奥まで見えるのです。ただパスタやお菓子の袋とかは置き方に工夫がいりますが一目で見渡せるというのは重要です。自宅のリフォームをしたときにスペースがなかったので階段上部をつぶして細いパントリーをつくり、そこに15cmの棚をつけたのですが、これが使いやすくてお客様にもお勧めいたしました。

さらにわたしのこだわりたいところは洗面所です。ここに普段の服は収納できて、洗濯機から取出しそこで乾かしてアイロンもあてそこに収納するというのが動き方としては理想です。というわけでリフォーム前は洗面およびバスの隣に収納室がありそこは壁で仕切られていたのですが壁を取っ払って一続きにすることをご提案しました。さらにここには収納のテーブルや棚もさることながら、パイプをいっぱいつけてそこにエスカンをかけ、ここに普段の洋服や着ているけど洗濯はまだというような服をかけておくというのがとても便利なのです。ここにはベルトやバッグもいっぱいかけられます。ただこのエスカンには工夫を凝らしています。大きなエスカンに3cmのコルクの球を取り付けています。そうすれば服も傷まずにかけることができます。もちろんきちんとしたハンガーにかけるものもありますが、日常ずかいのTシャツやジーンズなどたたまなくてもかけていればとても使いやすいのです。

そして最後はトイレです。ここのお家のトイレは男性便器もあり広いのですが、すべて使うのではなく、途中で仕切って廊下側にはドアをつけずにちょっと素敵な手洗いがあれば、トイレの手洗いだけではなくお客様が手を洗うときにもプライベートな洗面ではなく使えます。

本当にお客様にはいろいろな提案を受けいれていただいたり、お客様からのヒントも多く勉強になりました。さらに新しい試みをさせていただいたりと感謝でいっぱいです。エントランスはこのような壁紙の張り方は実は初めてでずっとやりたいなと思っていましたが、これもこのお玄関がこの壁紙の貼り方を求めていたような気がします。

そういえばテレビ収納もポイントです。両側も収納になっており扉をしめるとテレビも隠せるようになっています。

システムキッチン後ろが収納キャビネットの代わりの収納で、ここには電子レンジや炊飯器ポットなど置くようにもなっており、湯気がでるので引き出して使えるようになっています。そしてその奥は浅い棚のパントリーです。本当はクッキングヒーターのところもオープンにするつもりでしたが、施主様のご意見でここには壁を作り煙や臭いがいかないようにということで確かにこれがベストだなと思いました。そしてパントリーの反対側には出入り口もあり、奥が子供の勉強スペースとなっています。ここにはちょっとした仕切りがあるのでかばんや勉強道具が散らかっていても気になりません。

家具おへやのアートパネルに合わせて色や柄を混ぜ、機能性での面を考慮して人工皮革です。」

Share

Category

Archive

Recent posts