コーヒー豆の麻袋をリメイク

Blog

随分前になりますが、社長の石川がコーヒー豆の入っている麻袋を頂いてきて、これを何かに使えないかな?と言っていたのを思い出して、あれこれ調べて色々と作ってみました。

一番手軽で使い勝手の良さそうなトートバッグ。

大きさは適当に柄を優先してA4サイズがスッポリと入るサイズと、少し小さめのランチトートサイズ。

麻袋を縫製するのは初めてだったので、色々と苦労しました。

布地と違うので荒く、ロックミシンをかけられないので内側は袋縫をしています。

外側を表にして縫い、裏返しにしてから先ほどより少し幅を広げて縫います。

再び裏返せば本体はほぼ完成です。

マチ部分も同じように袋縫いです。

最後に持ち手部分は本体上部に三つ折りにして完成です!

夏らしいざっくりした麻素材のバッグ。

内側にも生地を使わず、麻袋をそのまま使っているので、とてもしっかりとしていますが、肌に触れるとチクチクします。

最近はレジ袋が有料になってきたりとエコ化がどんどん進んできているので、こういったバッグを持っていくと環境にも優しく、袋自体も再利用なのでおススメです。

バッグだけでなく、フックなどで壁に掛けられる小物入れも同じ麻袋で!

ナチュラルな雰囲気の部屋にはピッタリです。

このコーヒー豆の麻袋はコーヒー豆を販売しているお店や、カフェなどで無料で貰える場合もあるそうなので、何かに使ってみてはいかがでしょうか?

もちろん、これを作って欲しい!など、ありましたらご依頼お待ち致しております。

Wookroom Assistant Ubatani

Share

Category

Archive

Recent posts