ランチパーティ「リサブレア出張報告:西へ東へインテリアの旅… そしてその先に」

2019年4月20日(土)11:00〜14:00
定員:20名
料金:¥3,000(ランチ、ドリンク付)

久しぶりのリサブレア主催のランチパーティのご案内です。
スピーカー: 石川安江(代表)・山崎明子(ワークルームマネージャー)・服部亜紀(ソフトファニッシングデザイナー)・

今回のお題は「西へ東へインテリアの旅…その先に」
この冬、リサブレアスタッフはいつものように海外へ情報収集へと行って参りました。
みなさまに楽しんで頂くため、今回もランチパーティスタイルで出張報告会を開催いたします。

先ずは、スタッフ6名でアメリカ・シカゴへとソフトファニッシッグの研修へ。ソフトファニッシッグとは、生地を使ったインテリアデザインの総称です。日本では馴染みがない言葉ですが、欧米ではカーテンをはじめ、ソファやクッション、椅子カバーにテーブルクロスと、生地はインテリアの中で重要な役割を果たしています。私たち自身も開いた口が塞がらない(笑)ほど、たくさん学んできましたので、みなさまのインテリアのお役に立つようなお話をさせて頂きます。
今回は、ワークルームマネージャーの山崎がデザインの詳しいお話をさせて頂きます。

次に、弊社代表の石川安江が、この3月に2週間に渡りヨーロッパ出張へ行って参りました。
ベルギーに始まり、デンマークとスウェーデンの3カ国にて、片道数時間掛かるような地方にあるブローカーを廻るプロ向けアンティークツアーに参加し、アンティーク市場の動向やトレンド、そしてヨーロッパならではの歴史ともにお伝えするアンティークの数々。フランスやベルギーのアンティークは、多くのお店が扱っているかと思います。一方、北欧アンティークとなると、途端に馴染みが薄くなるのも確か。現地の方から直接聞いた興味深いお話をお伝えさせて頂きます。

もちろん、毎回好評の海外ホテルインテリアや、Kelly Wearstlerのショールームの様子をソフトファニッシッグデザイナーの服部が、お写真と共にご紹介させて頂きますので、お楽しみに!

また、リサブレアでは本格的にオリジナルプリント生地のデザイン制作をスタートいたしました。
今回の出張にて、70脚のアンティーク椅子を買い付けてきました。そのアンティーク家具とリサブレア・オリジナルの椅子貼り生地を組み合わせた素敵な椅子たちは夏頃には店頭に並びます。そのコレクションもチラリとご紹介させて頂きます!

リサブレア一同、みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

————
Lunch Menu
・アペタイザー
・ムール貝のワイン蒸し(もちろんベルジャンフライも添えて!)
・カルボナード
・ホワイトアスパラガスのフランダース風
・デザート

今回は、ベルギーにまつわるちょっとしたストーリーがございます。ベルギーと言えば、ムール貝の白ワイン蒸し。その付け合わせとして「フレンチフライ」ですが、ベルギー人は「フレンチフライ」という名前に意を唱え「ベルジアンフライ」と呼んでいるそうです 笑。
ベルギーと言えば「ベルギービール」も有名ですよね。大麦の他、スパイスやハーブからつくったり、発酵時にフルーツを入れたりとクリエイティブなビールを少しずつご用意しております。
※メニューは仕入れの状況により変更する可能性がございます。

三島 智子さん
Cross Food 代表
神戸を中心に、作り手、売り手そして買い手を「食」というテーマで繋げていきたいという想いが「クロス」に込められている。
食材の輸出入のコンサルタントとして世界中を飛び回る神戸女子。リサブレア4階のシェアオフィスに事務所があり、神戸の美味しいお店はもちろんのことワイン通としても知られております。

————

Share

Category

Archive

Recent posts