椅子カバーづくり

Information

こんにちは。リサブレアの石川りさです。
ここ最近ご依頼を頂くことが増えております椅子カバー制作の様子をチラリとお見せいたします。
洋服と同じく椅子カバーもパターン取りから始まります!

IMG_0088
左側は椅子の肘掛けが見えていますが、このタイプのクラッシックな椅子は貼り替えをしてももちろん素敵なのですが、カバーを掛けると可愛らしい椅子に大変身します。白の生地は本番用ではなく、パターン制作時に使う生地。

IMG_0085フェミニンなスタイルをご希望でしたので、裾にはフリル付き!そして後ろにはリボン!マチ針で止めながらフリルのピッチを確認中。リサブレアの縫製マスターの山崎が担当しています。1年前に入った姥谷もお陰様でメキメキと技術が上がっています。

IMG_0087背面は、生地に余裕を持たせる為スリットを入れています。このスリットが機能的にも意匠的にもポイントとなります。

価格はもちろん椅子の形状や生地によりけりですが、貼り替えをするよりお安くできる場合がほどんどです。女性目線で考えると、洗える事は嬉しいですしね。

このような感じで、リサブレアでは椅子カバーのご注文をお受けしております!
「どのような雰囲気にしたいか」が明確であればご提案しやすいのですが、「何をすれば分からないけど変えたい!」という方もご遠慮なく現状抱えていらっしゃるモヤモヤをお伝えくださいませ。

ご興味のある方はお気軽にお電話くださいませ(078-341-0520)

Share

Category

Archive

Recent posts