ヴィンテージ家具ショップ"Home ward"

Information

昨日、王子公園の高架下で拘りの皮のバッグを制作しているcornelian taurusの10周年パーティ(神戸で制作し世界へ発信している素晴らしい皮のバッグを制作しているアトリエ。携帯充電が切れていたので写真はないのですが…)で出会った香港から来たダニエルと一緒に、その場で急遽決まった魚崎にあるヴィンテージ家具ショップホームワードさんへのツアー。オーナーの原さんとの付き合いは長いのですが、最近お店に行っていなかったので、この機会に!とみんなで遊びに行ってきました。

ホームワードは、フランスやイギリス、ベルギーから仕入れてたヴィンテージ家具を販売しています。インダストリアルでマスキュランなアイテムが豊富なのですが、お店に行くとエレガントな家具が多いので驚きました。オーナー自ら年4−5回ヨーロッパへ買い付けに行き、発見したお宝が店内に並んでいます。量産品と違い1点物の商品ばかりです。私達も時々ショールームの什器を購入しております。

拠点の魚崎の港の倉庫を改装したショールームには数百点のアイテムが並んでいるのですが….

IMG_0206
天井から吊るしてあるこの照明。修理待ちの商品らしいのですが、乱雑に吊るされた中からお気に入りの一品を探すのが楽しいんですよね。奥に見えているのは、同じく修理待ちの椅子。

IMG_0204スタッフの亮太くん。実はリサブレアにも一時期お手伝いに来てくれていたので、顔を知っている方もいらっしゃるかもしれません。商品を1点1点掃除したり修理したりしてから店頭に並びます。スタッフ全員が仕事が大好きで楽しさが伝わってきます。

IMG_0205アンティーク扉。ちょっと分かり難いですが、面白い扉が沢山ありました。室内にこんなアンティーク扉を付けると雰囲気が出そうでワクワクします。

IMG_0212
クラッシックラインの展示。メインはインダストリアルな家具ですが、私達が好きなフランス風の家具も販売してます。お店で使えそうなディスプレイ用の什器やデスクが充実しています。右側に見えているしろのテーブルなど、コンソールテーブルとして使えます。どのテーブルも脚がかわいく、フランスやベルギーらしいなという印象です。

IMG_0210タイムスリップしたような店内。倉庫を改装しているので、広い空間にところ狭しと家具が陳列されています。奥に見えるのが食器棚。

IMG_0215これはフランスのベビーベッド。リサブレアの什器にしたいところですが、ショールームにはもうスペースがなく…. どなたか、店舗什器にいかがでしょうか?(笑)使い方はあなた次第というスタンスが大変魅力的です。

IMG_0219最近良くお客様から聞かれるのが、商品陳列ガラスケース。発見しました!お求め易い価格で存在感もありました。これも欲しかったのですが、やはり置くスペースがない…

IMG_0220右側のお二人がオーナーの原夫妻です。お揃いのTシャツを来て、いつも笑顔で対応してくれます。ちょっとした無理難題にもお付き合い下さる(笑)ヴィンテージのプロフェッショナルです。お店は魚崎の港の方なので、ドライブがてら遊びに行ってみてください!リンクはコチラ

Share

Category

Archive

Recent posts