Funkyな日本の壁紙

Information

こんにちは。デザイン担当のりさです。

アッシュペーブチックにて見つけたMade in Japanデッドストックのファンキーな壁紙たち。おそらく20年から30年くらい前の壁紙でしょうか。現代のそれとは違い、全てベースは上質な紙。ビニルクロスに慣れてしまっている私達なので、紙の壁紙を触るとそれだけで温かみを感じてしまいます。

IMG_0425

こちらは菖蒲の壁紙。「見本」と記載してありました。ゴールドに深みのあるグラデーションの花びら。まるで帯のようなデザイン。現代的な色の組み合わせ、日本的なシンプリシティ。初めて見たときにドキッとしてしまいました。

IMG_0432

全長約2M。リピートがないので、これは手描き?かなと想像します。こんな素敵な壁紙は見たことありません。

IMG_0427

こちらは横長の壁紙。破魔矢?がシルクスクリーン印刷されています。写真では全く綺麗に撮影できてませんが、ベースの色が鮮やかな日本的なトルコブルーです。ベタではなく青や濃紺がミックスされていて本当に美しいんです。日本人の感性やその時代のチャレンジって何て素敵なのだろうと感動してしまいます。

IMG_0428

拡大するとこんな感じです。全てのインクにはメタリックが入っていて、背景の色とのコントラストが美しい。

IMG_0426

こちらは金箔の壁紙に竹?葉っぱ?のデザイン。最近、日本のメーカーからも金箔の壁紙が販売されていますが、こんなにモダンなデザインは見かけることがありません。私達も最近オリジナル壁紙を製作しておりますが、いつか金箔を使ってデザインしてみたいものです。

IMG_0430

こちらが拡大写真。深い青緑が実際の色に近いかと思います。こちらにもメタリックが入っていて、発色がとても綺麗です。

リサブレアにいらっしゃったアメリカのIFDAのゲストをアッシュペーブチックにご案内したのですが、とても興味深く見ておられました。アートワークとして壁面に飾ると数点購入されていました。もちろん私達が一番沢山購入しましたが… 笑 リサブレアに大切に保管しておりますので、ご興味のある方は見に来てくださいね。

ちなみにアッシュペーブチックは、リサブレアから歩いて10分ほど。ハイセンスなジュエリーで有名ですが、海岸ビルヂングのお店にはインテリアのお部屋があり(建物自体も歴史ある神戸の洋館)、その世界観に思わずうっとりしてしまいます。

Share

Category

Archive

Recent posts