シノワズリを使ったファサードデザイン

こんばんは!一段と寒くなりましたね。デザイン担当のりさです。
私個人的なインテリアへの気付きが最近ありました。王子公園付近の阪急高架下にあるCulitivate Galleryさんで先日開催されていた「レスパスエルトン(空間と時間を彩るもの」と言うイベントで、IRISのエリさんがつくる愛情のこもった美しいキャンドルをゲットしました。そのキャンドルのお陰を隣に置いて炎を感じながら過ごす時間が1日の大切な時間になっています。普段はお客様のインテリアに対しては真剣に取り組みますが、自分自身のことは二の次…. 改めてインテリアがもたらす効果を感じることになり、少し幸せな気分になりました。

今日は久々にシノワズリの施工例をご紹介!
コロナ禍真っ最中に公式ラインを通じてご連絡頂いた小顔・美容整体サロン ボヌールツリー様。サロンの移転に伴いシノワズリのカーテンをお探しでした。
写真を送ってもらったり、電話でお話ししながらのご提案となりました。採寸も全てお客様にご協力頂きましたが、ぴたっと収まっており安心致しました。

当初ファサード面のアーチ状ガラスの内側にシノワズリのカーテンを検討されていました。元々カフェだった物件で窓が大きいのは利点ですが、サロンとして使う場合は外からの視線を遮る必要があります。ガラス面が大きいのですが、カーテンにするとガラス面に反射し外側から見えにくいので、フィルムとしてシノワズリを取り入れて頂く事をご提案させて頂きました。

v交通量が非常に多い一方通行の道路に面するお店です。この辺りはお店は少なく明るいシノワズリのファサードが目を引きました。
ガラス面に貼ったガラスフィルムの奥には、サロン内のカーテン裏地が見えています。裏地と言っても丁寧に仕上げているんですよ!最近カーテンをご依頼頂くお客様には生地の特性にもよりますが裏地をご提案する事が多くなってきました。

【質問】なぜカーテンに裏地を付けるの?
●生地が2重になる為、ドレープに重厚感が出て美しい
●太陽光を遮る為、室内から見ると生地本来の色や質感、デザインが綺麗に見える
●紫外線による生地の日焼けを防ぐ→20年経っても生地の状態が非常に良い

そして、サロン側から見るとこのようになっています!

背景はグレーがかった優しいパープル。今回はお客様に「パープル」の指定があったので、弊社にてインテリアで美しく見える淡いブルー味がかったパープルをご提案させて頂きました。お花の部分でビビットなパープルを入れてアクセント的に使っています。

こちらのサロンは施術がメインなので通常カーテンは閉めたままですが、カーテンを開けると下の写真のような感じになります。カーテンとガラスフィルムを繋がるようにデザインしています。

ドレープ生地はシャンタンと呼ばれる横張りの強い生地。下の写真で生地の詳細を見ると、横方向に織り糸が見え隠れしています。
横方向に張りが出る生地でボリューム感があり、デザイン生地との相性が良くシノワズリにはぴったりな生地ですね。形状安定と呼ばれカーテンの広がりを抑える加工もありますが、個人的にはこの広がりが気に入っています。

【質問】シャンタン生地って?
●横糸が玉糸状になっており、横方向に紬のような節がある生地
●山東絹→シャンタンと読み、中国の山東省でつくられていたシルク生地が織り名の由来

 

プリント生地はビビットな色味が得意!鮮やかになり過ぎるとキツい印象になりますが、ポイント的に入れるとこの発色の良さが生地の光沢感と相まって美しいカーテンに仕上がります。プリントするまではドキドキですが、最近少しずつ色味の出し方のコツが掴めて来たような気がしてます(笑)

こちらはガラスフィルムの詳細です。表裏がないので、室内外から見せる場合に効果的に使うことができます。
また、ロゴ等のテキストも入れることができますよ!ボヌールツリー様ではやっていませんが、下の方を不透明にしてグラデーションで目線高で透明になるようにデザインすることもできます。

こちらはカーテンを開けた時のファサード面。日中は光の関係でサロン内が暗く見えてしまいますが、うっすらと広がるお花たちが宙に浮かんでいるように見えますね!ちなみにサロンにいらっしゃるお客様は「シノワズリ 」と言っても何のことだか解っていない!とK様が仰っていました(笑)
こちらのサロンで一人でも多くの方が「シノワズリ 」を知るきっかけになると思うと嬉しく思います。

ボヌールツリーのK様、この度は撮影にご協力頂きありがとうございました!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!
おまけ写真❤︎
冒頭にご紹介したIRISさんのキャンドル。エリさんが集めった南天がぎゅっと詰まっています。
まるで写真集を見ているかのような幻想的な世界です。

 

 

 

Share

Category

Archive

Recent posts

リサブレア オンラインショップはこちらから