Deb BarrettさんによるMaster Class Seminar@アメリカ

Blog

いつもリサブレアブログをご覧頂き誠にありがとうございます。プリントプロダクションコーディネーターの大西です。

今月24日・25日、アメリカのイリノイ州シカゴ/ライルでソフトファニシングのオーソリティーであられるDeb Barrettさんを講師とするカーテンセミナーをリサブレアスタッフで受けさせて頂くこととなりまして、受講前にNYにてリサーチや実地体験をさせて頂くことも兼ねてトータル1週間ほど出張致しました。

とにかくシカゴは寒くて、朝夜はマイナス20度に!昼間でもマイナス5度だったりするのです。
そんな中、宿泊していたシェラトンホテルの会議室でセミナーを開催して頂き、室温ぬくぬくでドリンクや軽食も用意された恵まれた環境で、スタッフ一同しっかりと学ばせて頂きました。

カーテンの吊るし方やウインドウ周辺のアクセサリ、デザインテクニックについて等ウインドウトリートメントについての内容から生地柄や配色についてのインテリアデザイン基礎、アメリカのインテリアにおける流行やフランス発でブームになりつつある日本的要素についてのお話しもあり終始楽しく拝聴しておりました。

カーテン等の生地にボリューム感を持たせたり保温・防寒効果の役割を持つライニング材を多用される点や、生地の素材に対する考え方(米国では現地メーカーの製品品質も影響してかカーテンを吊った際に独特な拡がりが出ることからポリエステル生地が好まれない)は知識の少ない私でも日本との差を感じる内容でして、面白いアイテムやスライドがある度に写真を撮りまくるため携帯の電池消耗が激しいことに(笑)
Deb先生も都度質問を受け付けて下さり、私は恐縮ながら知識が乏しいため全く質問が出来ませんでしたがかなり室内では質疑応答が行き交っており、そのやり取りの内容を伺うだけでも勉強になるためかなり有意義で面白いセミナーでありました。また、実際に制作の現場であるワークルームに伺わせて頂いたのも日本との違いを感じたり、新たな発見に出会える良い機会でした。

 

アメリカ本土に行ったのは個人的には始めてで、セミナー参加の前には数日NYへ訪れたりする機会もあり人々のポップさや活力に大変刺激を受けました。あと物価の日本との差にもとても驚きました!レストランやスーパー、売店等の飲食店を利用する機会が多くありましたがおよそ日本の3倍はしていた印象です。ただピザは日本より美味しくて大きくて安い!!ついつい食べ過ぎてしまいました…
生地が深めの皿のようになっている上にソースとチーズをたっぷり併せたシカゴ名物の「ディープディッシュピザ」も頂きたかったですが、お腹の空き加減や空港でのフライト時間とタイミングが合わなかったりと今回は頂くことが出来なかったのでいつかリベンジしたいです!

 

 

 

 

Share

Category

Archive

Recent posts