渾身のオリジナルダストボックス作り

先日、東京オリンピックのチケットの抽選結果発表が行われまして、見事に全て落選しました…

くじ運は割と良い方だと思っていただけにちょっと凹みました。

身近にも当選して人はおらず、当たった人が羨ましい限りです。

あとは一般販売にかけてみたいと思います。

さて、最近はお陰様でオリジナルのプリントの施した商品が軌道に乗り出しまして、日々様々な物を作っています。

こちらは先ほど完成したばかりのオリジナルプリントのダストボックスです。

この2週間はこのダストボックスと格闘しながら必死に作ってました。

見た目は簡単そうに作れそうかと思ったのですが、想像以上に苦戦しました。

大きさは直径約250mm、高さは300mm。
生地を張り込むのはしっかりめの厚紙を筒状にしたもの。
内側の底と、外側の底は別の生地を使用しています。

まずは外側の生地を天(上)から貼っていきます。
底部分はまだ貼らず切りっぱなしにしておきます。
外周に合わせたサイズに生地を縫製し、被せていくのですが、大きすぎるとぶかぶかに、小さすぎると入らなくなります。
(ここで何回も縫い直しをしました。。)

次に内側の生地を外側と同じように底はフリーにして貼ります。
主に布用のボンドを使っていますが、生地が薄かったりすると染み出すので、要所要所で両面テープで固定します。

底部分もそれぞれの生地を貼り、その後は内側の底から付けていきます。
外側の底にはパイピングを施した生地を貼り、内と外を挟むようにして両面を貼って完成です。

工程はそれほど多くないですが、底が筒の中に入らなかったり、内側の生地が弛んだりと何回も貼り直しを繰り返してました。
(個人的に、最近作ったもので一番苦労しました…)
一見、見ただけではどのように作られているのか分からないですが、色々と教わることで学ばせて頂いてます。

光沢のあるシャンタン生地、ピンクの背景に気球をプリントを施したとても可愛らしいダストボックスに仕上がりました。
上部にフリンジを施したより女性らしいデザインのシノワズリプリントもお部屋に映えるアイテムになりました。
ダストボックスとして使うにも勿体ない、という方もおられるかも知れません。
あまり重いものを入れると底が抜けたりするので、ちょっとした小物や衣類などの収納には使えそうです。

今後もオリジナルの新しいアイテムがあればご紹介していきたいと思います。

Wookroom Assistant Ubatani

Share

Category

Archive

Recent posts