[Report] 6/25 Gold & Sliverのディクパージュ豆皿

Blog

6月25日(火)に大人気のワークショップ、Gold & Silverのディクパージュ豆皿づくりを開催いたしました!
いつも人気のこのワークショップ、今回も満席となりましたこと、ご参加頂いた6名様に御礼を申し上げます。

なぜ、こんなに魅力的なのか?
豆皿は何かと便利で、テーブルコーディネートで使って頂けるのはもちろんのこと、ちょっとしたアクセサリー入れにしたり、デコレーションとして使ったりと、お家の中で活躍するアイテムであること。

そして、リサブレアに沢山あるクラシックモチーフから選んで頂けるので、皆様自分のお好きなテーマに合わせて6枚つくるので、小さい豆皿の中に自分の世界観を表現することができるんです。それが見ている方も楽しいのかもしれません。
動物、イニシャル、ボタニカルなどなど… ゲストが来た時に会話のネタになるのも楽しみの一つですね。

写真の上2枚をよく見ると、金と銀の箔を混ぜていますね!これもまた斬新。
何とも言えないコラージュ感が出て素敵です。モチーフをはみ出して貼ると大胆な構図になります。

まずは、モチーフ選び。悩ましいのですが、この時間がみんな一番楽しそうです!
モチーフを選んだら、次にカットのプロセスに。細かい作業なので、みな集中して黙々とカットしています。

ガラス皿の後ろから加工していくので、食べ物をのせても全く問題なし、食洗機は使えませんが、普通に洗っていただけます。

こちらがカット後のモチーフの写真。このフォーク&ナイフのカットの細かさを見て下さい。
お客様の愛が伝わる細かさ。このカットが仕上がりの美しさに繋がります♡

こちらはアンティーク調に仕上げる為に火で炙っている様子。
仕上がりが絶妙にいい感じになるんです。縁が茶色く焦げて、手でカットしても出せない自然なラインが魅力的。

あとは丁寧に貼っていくのみ。この時間は集中あるのみです!「私は不器用なので…」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、山根先生が丁寧に教えて下さるので心配ご無用です。

山根先生は大阪・堺にお住まいで、リサブレアとは十数年来のお付き合いです。ご自宅のインテリアをさせて頂いたことをきっかけに、今ではリサブレアには無くてはならない存在です。ご自身でバッグや刺繍など、色んなことをされており、いつもイキイキされています。

毎回6名が参加されますので、お互いの作品を見ながら、違いを知るのもとっても楽しいんです。
次はこうしたい!と言うインスピレーションが湧いてきてリピートする方も多いんです。

次回の開催は
7月30日(火)10時ー14時 残席1名
9月5日(木)10時ー14時 残席2名

まだ、イベントページに掲載はしておりませんが、ご興味のある方はリサブレアまでご連絡下さいね。
ではでは、7月にまた新しい豆皿と出会えることを楽しみにしています!

白いムラはボンドなので乾くと無くなります。このボタニカルシリーズも可愛いですね。
小さな世界が詰まっている豆皿♡

 

 

Share

Category

Archive

Recent posts