着々と準備中!ベルギーから届いたアンティーク椅子

こんばんは!デザイン担当のりさです。
一気に寒くなりましたので、皆様お身体にはお気を付け下さい。

リサブレアの家具のショールームには、先月末に100台ほどのアンティーク椅子が、ベルギーから届いております。椅子の他、フレームや木馬(メリーゴーラウンド)、鏡なども入荷してきております。既にショールームというより倉庫状態です…

届いたアイテムを、自分たちの手で修理→座面をリサブレアの生地に貼り替える作業をした上で店頭に並んでいきます。
果てしない時間が掛かりますが、皆様に見て頂ける様、着実に準備は進んでおります。
今日はちらりとその様子をご紹介させて頂きます!

「リサブレア」とラベルが付けられた椅子。この椅子やラベルの素朴さにヨーロッパを感じ、思い
この椅子は脚にダメージがありますので、一度脚を外してから丁寧に補修しています。新品と違い、古いものは手を入れないと使えないので、そこにしっかり愛を注がなければいけません。しかし、その一手間が加わることで特別なモノになることは間違いありません。

写真では詳細が伝わりにくいのですが、こちらの椅子の背面のデコラティブ具合が丁度いい感じ。日本にある椅子は直線的で(またそれが文化的魅力ですが)、私たちは、このカーブライン=猫脚(笑)に目がいってしまいます!

この写真は入荷時に撮影したものです。家具用のショールームとして、Haji Cafe (弊社より徒歩10分、メリケンパーク入口)の2階を借りているのですが、このスペースは既に倉庫状態。梱包された椅子が山のように積み上げられています(笑)この梱包を解くと何とも個性的な椅子が入っています。

梱包等は全て現地の方に依頼するのですが、梱包だけでどれほどの時間を要するのかと考えると….
しかし、梱包を見ると商品をきっちりと守る「愛」が伝わり、そこにも感動する私たち。(日本人の梱包の美しさとは比べ物にならない事は否めません 笑)

これも梱包の一部。このボックスは開けるのすら、時間が掛かるのですが、この中にフレーム等の小さなアイテムが丁寧に入っています。

うちの看板犬のハナです!時々お店に来て、お客様を通せんぼするように動かないハナ… 皆様いつも快くハナの存在を認めて頂きありがとうございます!
ハナの後ろに見える椅子も、斜めにデザインが入っていて遊び心満載です。名品と呼ばれるものではありませんが、一点ずつちゃんとつくられた痕跡が見えるこれらの椅子。海を渡り日本へやってきて、また私たちの手によりお客様の元に渡っていく事を願います。

完成した商品からお店に並んでいきますので、随時ご報告させて頂きます。
本日もブログを読んで頂き、ありがとうございました!

Share

Category

Archive

Recent posts