布から作るRisabraireの世界

Blog

こんにちは

リサブレアさんでインターンシップをさせていただいてる田中といいます。

今回はインターン生の私から見たリサブレアさんの魅力をお伝えしたいと思います。

神戸阪急でのイベント「テーブルレクリエーション2021ーおうちリゾートー」やインスタグラム(インスタグラム→コチラ)で見たリサブレアさんのイメージカラーは、淡くてロマンチックなピンクやむらさき、こっくりしたマスタードみたいな黄色でした。

 

 

ですがアトリエの棚には、、、

 

 

たくさんの布!布!布!

服飾学生の私から見たら宝の山でした。渋いモスグリーンやグレー、こっくりした茶色、また、つや感のちがうサテンや手触りのちがうベルベット、高級感のある刺繍があしらわれた織布など、様々な色や質感の布がたくさんありました。

私のお気に入りはこの布です!

 

 

暗めのワインレッドと光沢のあるベルベット生地が目を惹きますね。

ワインレッドはリサブレアさんのイメージとはちがっていたので意外でしたが、こちらの写真をご覧下さい。

 

 

グレーが基調のモダンなインテリアですね。渋めの赤がアクセントになっていて女性らしさがあり素敵です。

リサブレアさんはパリやヨーロッパなどを連想させるロマンチックなイメージがありましたが、こんな雰囲気のインテリアも手掛けていらっしゃるんですね。

 

こちらの写真はグレーが基調で差し色のブルーが爽やかですね。

そしてたくさんのクッション!

ここまでたくさん揃えるのは難しいですが、お家のソファに一つ置くだけでも華やかになるのではないのでしょうか。

 

 

こうして並べてみると、いろんなイメージのインテリアを幅広く手掛けていらっしゃるのが分かりますね。

クッションだけではなく、ランプシェードやティッシュケース、テーブルクロス、テーブルナプキンやファブリックパネルなど、すぐにお家のインテリアに取り入れられそうな小物もたくさん作られています。

 

 

これらの写真は全てアトリエで撮影しました!お店やショールームみたいで素敵ですね。

小物だけではなく、布張りの椅子、カーテンなどに使われる布はとても重要なのだと思いました。

毎週のミーティングで、どんな色や柄、質感の布を仕入れるか、みなさんカタログを見ながら真剣に話し合っていらっしゃいます。

印象的だったのは、「この布OOさんが好きそうやね」とお客様の好みを把握していたところです。

一枚の布からこだわるリサブレアさんは、実際に自分たちが手掛けた部屋で暮らすお客様のことを一番に考えていらっしゃるんですね。

 

 

こちらは椅子のクッション部分とクッションがお揃いです。

クッションから椅子のクッション部分の張り替えまで手掛けていらっしゃるリサブレアさんだからこそ作れる商品ですね。

お家に古くなって使わない、または古くなったけど愛着があって捨てられない椅子がありましたら、リサブレアさんにお願いしてみてはいかがでしょうか。

Share

Category

Archive

Recent posts

リサブレア オンラインショップはこちらから