お庭のリフォームをうまく進めるポイントは?

素敵なお客様に囲まれてで毎日楽しくお仕事している石川安江です。

お家のリフォームが終わり次にお庭にかかります。お家が暖かくトラディショナルな要素を入れながらもモダンでお客様が多く集まられるとか。お庭もみんなが集まって楽しく過ごせるお部屋の続きのような場所にしたいですね。最近はアメリカからのの流れもあるのかアウトドアリビングという概念が広がっています。お部屋だけではなくお庭もダイニングやリビングとして使おうというスタイルです。

アメリカは広いので外部に調理するところを置いたり暖炉を置いたりと本当にリビングのような使われ方が流行っています。そして部屋から見る内と外との関連性や日中の見え方、または夜になってライトアップする見え方など楽しみ方がバラエティ豊かになっています。

ただ問題はお手入れ。そして植物のスタイルです。再任はモダンスタイルに合わせたモダンなお庭も流行っています。今回はできるだけお手入れをしなくて良くて、もともとは和であったお庭をそのまま生かし和と洋のマッチングです。

土の部分はなくしてタイルにするというのもありますがタイルはどうしても隅のほうが汚れてきて気になってくるということで、洗い出しを採用しました。洗い出しは和のお庭やまた駐車場や道路などにつかわれていますが、タイルの代わりにお庭に使っても素敵です。さらに裸足であるいても足に適度な感触がありいい感じなのです。

まずは土の部分にモルタルを流し込み洗い出しの準備です。ここも以前にあった飛び石は残したほうが面白い風景になりそうです。和のお庭だったころの石がモダンでいいアクセントになります

 

Share

Category

Archive

Recent posts