ランプシェードのオーダー

Blog

最近よくランプシェードの張替えのご注文を受けております。

ランプシェードのスタンドはしっかりしているのに傘の方の劣化がひどくなりますし
また傘の骨組みはほとんどがしっかり残っていたりします。
そして なかなかシェードの修理だけして貰えるところがなく結構探されて弊社の辿り着くお客様がいらっしゃいます。

また、カーテンを新調されインテリアのアクセントにお部屋に合う生地を選んでリメイクをされたり。。

こちらのランプシェードはかなり大きく生地の選択もなかなか難しい物になりますが

思い切って大胆な柄とお色選び流石だなと感心しております。
私も大好きなjimthompsonのNo9シリーズから。
シェードの裾に大体はデコレーションを施します。
デザインもお客様と一緒に考えます。

このパイピングの色、幅、位置で最終の締り具合が決定しますのでとても悩んだ結果今回は上部のみ共色でパイピングで。
生地の入荷後仮に生地を本体にあて『こんな感じになります』とメールでお伝えしお返事を待ってからの製作に入ります。実際に実物をあててみないと分からないですもんね。

 

 

続いて工務店さんが飛び込みでランプシェード1個手に持ち(ほとんどHELP!!状態で)やはり何処からか噂を聞いてご来店下さいました。

生地もブレードもお任せで。
リサブレア では在庫をしておりますので直ぐに取り掛ることが出来ます。
BELLタイプの難しいものですが解体をした生地を型紙として製作すると大体元通りになります。今回は裏地付きでしたので初めてのチャレンジです。

骨組みに沿わすのが難しいのですが、あっち引っ張たりこっち引っ張たりして。。
難関を突破すると達成感たっぷりで小さい事ですが職人冥利に尽きますね。

骨組みを避けるため本体の生地を切り込むのですがこうしてテープで美しくない所をカバーします。

完成まで約1週間から10日を見ていただければオーダー可能です。(材料ありの場合)
まだまだ未知の世界は広いので色んな事に取り組んでいこうと思っておりますので
何なりとお申し出下さいませ!お待ちしております。

workroom yamazaki

Share

Category

Archive

Recent posts