施工中!マンションのリノベーションの様子

こんばんは!デザイン担当のりさです。
神戸では12月6日から始まるルミナリエの準備が着々と進んでおります。毎年準備中のルミナリエの下を車で通ることが密かな楽しみとなっています(笑)

現在担当させて頂いているお客様のマンションのリノベーションの様子をちらりとご紹介いたします。
プチリノベ、この「プチ」はどういう意味で使っているかと言いますと、間取りや水廻り等触らずに、床・壁紙・照明など内装を変えていく事です。弊社では近年、プチリフォームのお客様が非常に増えております。

今回はお客様の了承を得て、施工風景をご紹介。普段完成形を見る事はあっても途中段階を見る事は少ないですよね。

殆どの場合が、お客様が手配して頂く工務店さんの工事が入り、私たちはデザイン担当として入ります。(もちろん弊社にて工事も可能です)

壁紙施工の様子です。震災以降に建てられたマンションですので、築20年くらいでしょうか。経年劣化でマンションの壁紙はアイボリー調の色味になっておりました。今回は、アクセント面(2種類)、ベース面、天井掘り上げ面の3種類のクロスの貼り分けです。

 

大きなリビングダイニングスペースの為、ダイニングの部分には少し濃い目のアクセントクロスを入れています。

 

こちらはリビングルームのアクセント壁面。こちらはイギリスのAnthologyというブランド。素材感への拘り、他にはない微妙なニュアンスカラー、そしてヴィヴィットなカラー展開、そして日本の空間と馴染みが良いのも特徴の一つかもしれません。
なんとも言えないこの質感とデザイン。白の壁面とも品良く馴染んでくれる万能クロスです。

 

こちらは、掘り上げ天井+ダイニングの一部壁面に使っているクロス。フランスのElitisというブランド(サンゲツにて取扱あり)です。常に挑戦し続けるブランドで、毎回新作を見ると驚かされます。
こちらの壁紙は毛並みのような凸凹があり、見事に光を受けて表情が変わるクロス。多色展開ですので、弊社ではよくご提案させて頂きます。

 

現在カーペットの床を、フローリングとカーペットを貼り分けます。この日は素材だけ置いてみて、お客様と「やっぱり素敵ですね!」と完成形を妄想しておりました(笑)

12月初旬に完成予定ですので、またご報告させて頂きます。
N様、いつも温かく迎えて下さり、本当にありがとうございます。

Share

Category

Archive

Recent posts