キッチンのレイアウトや収納を考えるリフォーム

Blogリフォーム

皆様 暑い中毎日どのようにお過ごしですか。石川 安江です。築30年のコンクリート打ちっぱなしのお家のリフォームが始まります。30年たってもしっかりしたつくりなのでリフォームで見違えるようなお家になると期待しています。機能性や断熱も考え床も組み直すので大がかりとなりますが、この際に頭を切り替えてキッチンのレイアウトや収納を異なる観点から再考してみるということをお勧めしました。ここのご家族はたくさんのお友達や子供たちが集まるということでパーティ仕様のキッチンにすることは決まっていたのですが、キッチンの位置を変えてしまうということを提案しました。ぱっとお部屋に入った途端に感じたのはとても広い空間なのにキッチンが片隅によってしまっていることでした。30年前はオープンキッチンという発想もあまりなくキッチンはお部屋の奥のほうにあり、太陽のあたるところにはリビングという発想でしたが、今はキッチンを中心に考えるというスタイルが流行っています。ただそうすればどうのように臭いを防ぐか、散らかっているのを見せないようにはどうすればいいか、収納の工夫がひつようです。今回はスペースも大きかったので4m60cmという大きなアイランド型のキッチンになりました。オープンキッチン?あるいは独立型キッチン?どちらがいいかは住み手次第ですが、リフォームの場合は既存の建物があるのでどちらがベストかはおのずから決まってしまします、しかもシンクを挟んで食洗機が2台取り付けるとはベストなアイデアです。シンクは大きすぎても使いにくいですがシンクに洗ったものを置く場所が必要なのですが、食洗機が2台あれば1台は洗ったものを置いておく場所にも使えます。わたしも輸入の大きな食洗機を使っていますが、とても不便です。やはり引き出し式の食洗機に軍配があがります。このお家がどのようにかわるか見ていただきたいです

キッチン部分のご提案

 

 

Share

Category

Archive

Recent posts