Works

北欧調の木の温もり+エレガントさを!

弊社の施工例を見て「こういうカーテンが欲しい!」とお問い合わせ頂いたA様。新築マンションにお引越しされるとのことで、新たにカーテン、クッションカバー、壁紙シールをオーダー頂きました。

当初考えられていたカーテン生地ではなく、弊社オリジナルのストライプの生地を選ばれました。
クッションはClarke & Clarkeのラメ感のある生地。北欧調の木の温もりのあるお家にエレガント感をプラスした感じの仕上がり。そして、アクセントとなっているのが、窓面左側の壁紙シール。弊社のコレクションからお選び頂いたオールドVOGUEです!
太陽の光が優しく差し込むとても素敵なリビングルームとなりました。

クライアント名
A様邸
施行月
2019年5月
サイズ
カーテン:W2140 H1820mm/ クッション:W71 H28cm/ 45cm角
PON-361

年代物アンティークのピアノスツールの貼替え

お客様が大切に使っているピアノスツール。バネが飛びててしまっていて生地もボロボロになっていました。困っているけど、どこに頼んでいいのか分からない… と言う方は多いかと思います。年代物のスツールだからこそ醸し出す存在感。クラッシックな生地を敢えて選ばずポップなツイード生地を貼ることで、その存在感を活かしながらも古臭さを消し、現代の暮らしに合わせていきます。生地は弊社オリジナルのツイード生地(色展開は10色)、2重鋲で仕上げております。

クライアント名
C様邸
施行月
2019年4月
サイズ
直径約50cm
PON-360

モールディングで様変わり?!

ダイニングは奥様のアートを飾る棚を制作。全てモールディング
ダイニングは奥様のアートを飾る棚を制作。全てモールディング
キッチンはアクセントとして、チラ見せのトワルドジュイの壁紙
リビング。左の扉はリフォーム前は和室があり、現在は旦那様の作業部屋。
洗面所はトワルドジュイの壁紙
トイレは腰壁上をトワルドジュイの壁紙、腰壁はモールディングと塗装
トイレは腰壁上をトワルドジュイに、腰壁はモールディングと塗装
廊下も全てモールディング
お嬢様のお部屋は壁紙とカーテン

「ちょっと気になって…」と初めてご来店されたF様。築25年程のマンションにお住まいで、水廻りを中心にリフォームを考えてらっしゃるとの事。地元の工務店に「モールディングやメダリオンを入れたい!と伝えても、イマイチ伝わらない….」と言うお悩みを抱えていらっしゃいました。そして弊社のパートナーの工務店さんと一緒に、水廻りを中心に、お部屋の壁紙や床材のリフォームをさせて頂きました。マンション特有の間取りとなるリビングに続く和室は壁を一旦壊して、リビングスペースを広く、そして廊下側に収納をつくりました。

工期は約2ヶ月。25年住み続けたマンションのお部屋は沢山のモノで溢れ返っておりましたが(笑)、リフォームを機にモノを整理され、奥様の大好きなフラワーアレンジメントなどのデコレーショングッズを飾れるスペースをリビングにつくりました。キッチン、お手洗い、洗面所にも奥様のお気に入りのトワルドジュイ柄の壁紙とモールディング。写真には映ってないですが、廊下に新しくつくった収納棚の壁紙は、リサブレア オリジナルのデコな壁紙。とことん拘り抜いたとっても素敵なお家が完成しました!F様、ありがとうございました。

クライアント名
F様邸
施行月
2018年12月
サイズ
リビングカーテン:W5300 H2100mm お嬢様のお部屋カーテン:W800 H2200mm
PON-42

ナチュラル感とキラキラ感をミックス

フラワーアレンジメントの先生をしていらっしゃるK様。ご本人もお家のインテリアの様に優しさと上品さを兼ね備えた女性。
そんなK様が選ばれたのは、ナチュラルな麻生地はBusatti(イタリア)の生地、ラメ感のあるソファの生地はClarke & Clarke(イギリス)、カーテンはリサブレアのオリジナルの麻生地。

生地感を揃えるのではなく、あえて異素材を組み合わせることにより、それぞれの素材の良さを引き出していきます。
大きな壁面を飾るのは、ご自身のつくったアレンジメントを飾るアンティークフレームと、壁紙シールで制作した柱たち。自分の好きなものに囲まれたインテリアを楽しむことは、生活そのものを豊かにする… そんなことをお客様から教えて頂きました。

クライアント名
K様邸
施行月
2019年4月
サイズ
ギャザーカーテン、ソファカバー、アンティークフレーム、テーブルクロス
PON-251

リビングのアクセントとして生まれ変わったロッキングチェア

数年前の新築時に家具を揃えられたそうですが、お家のインテリアがしっくりこない… と悩まれていたN様。
リビングを「締める」という意味合いで、ロッキングチェアの貼り替えをご依頼頂きました。選ばれた生地はイギリスのJane Churchill
新作生地で、アフリカンな模様が特徴的な素晴らしい生地。その生地に合わせ、大胆なピンク色のベース生地を使いました。クッションもパイピングやタブを付けることにより生地に表情をもたせています。

クライアント名
N様邸
施行月
2019年3月
サイズ
48cm角タブクッション/ 42cm角パイピングクッション/ 30×60cmパイピングクッション
PON-180

大人ピンクなリビングルームのカーテン

新築でお引越しされるM様のリビングルームと洗面所のカーテンをご依頼頂きました。シンプルなお家に暖かみを加えるClarke & Clarkeのピンク生地に一目惚れされたM様。
落ち着いたピンク地にラメが入っているエレガントな生地で、光が当たるとキラキラと上品に反射します。ジオメトリックなデザインの生地をバンディングすることで、2種類の生地がカーテンに入り、インテリア空間に彩りと深みを加えます。

クライアント名
M様邸
施行月
2018年11月
サイズ
リビングカーテン: W3560 H2300mm リビングシェード:W1820 H2000mm
PON-244

キッチンとリビングを美しく仕切るカーテン

夜のリビング、レースカーテン
閉めるとこんな感じ
リバーシブルの生地を折り返して、ギャザー仕上げに
光をやわらげる優しいレースカーテン
夜になると見え方が変わります
洗面所の棚を隠すカーテン
シノワズリのアートパネルもとても素敵なアクセントに!

ご自身がインテリア好きで、隅々まで素敵にデザインされていらっしゃいます。
キッチンの間口から冷蔵庫など生活感が出てしまうので、カーテンで隠したいとのことでした。キッチンの間仕切は、リサブレアのオリジナル生地で麻100%のリバーシブル。トップをギャザーで仕上げて、リバーシブル生地を切り返して2種類の色味が見える様に縫製しています。普段は写真の様にカーテンを束ねることにより自然にちょい隠し。
リビングルームには、既存のブラインドがありますが、写真撮影の際に光が強すぎるのでレースを使って光を柔らかくしたいとのご依頼でした。麻のタッセルを使い、ブラインド独特のシャープさも和らげております。
洗面室のちょっとした目隠しにもお気に入りの生地を使ってカーテンをつけさせて頂きました。
また、リサブレア・オリジナルのシノワズリアートパネル(施工写真はコチラ)、最後の写真にあるオリエンタルなクッションも加わり、インテリアに深みが増しております。
お写真はお客様からご提供頂きました。ありがとうございます!

クライアント名
Y様邸
施行月
2018年10月

エレガントでモダンな空間でエステを楽しむ

リサブレアの前をふと通りかかられたエステサロンのオーナー様にデザインを依頼されました。スペースがかなり広くネイルやエステなどサービスも幅広くされておられる方でした。コンセプトは非日常で施術中でも楽しくなるような空間でくつろぐということ。私たちもエステに行くときにはリラックスは当然ながら空間の楽しさを求めます。

 

クライアント名
エステサロン・アンジェリーク
施行月
2015年